株式会社Phone Appli(以下Phone Appli、本社:東京都港区、代表取締役社長:石原 洋介)は、山口県萩市(以下萩市、市長:藤道 健二)の旧萩藩校明倫館に、地元採用を中心とし、アプリケーション開発エンジニアの育成を目指すサテライトオフィス『萩 明倫館 アプリ開発センター』を2020年4月に開設します。開設にあたり、山口県立会いの元、萩市との進出に関する協定調印式を2019年6月27日(木)に萩・明倫学舎にて行いました。

■働き方改革のリーディンカンパニーとして取り組む新たな試み

 Phone Appliは、クラウドWeb電話帳サービスの市場シェアNo1(MM総研出典)の企業として、社員数が150名を超える規模に成長したベンチャー企業です。2018年に自社の働く環境を『ルールツールプレイス』に分解、それぞれのデータ等を開示し、働き方改革の先行事例として多くの企業に紹介してきました。さらに、セールスフォース・ドットコムがグローバルで取り組む目標管理システム『V2MOM』や感謝の気持ちをデジタル空間でも表現する『サンクスカード』を採用し、リモートワークテレワークにも積極的に取り組んできました。こういった時間や場所にとらわれない働き方により、社員パフォーマンスや満足度の向上に成功している一方、他の企業と同じようにIT人財の不足という課題が近年深刻になっています。このような背景を踏まえ、次の時代を創り上げていくIT人財の育成をPhone Appliならではの方法で促進していきたいと考えています。

 『萩 明倫館 アプリ開発センター』は、グローバルで活躍できる人財の育成と地方での就業機会の創出、またデジタルビジネス創造のためのスタートアップ・エコシステム構築を目的に開設されます。2019年7月より、萩市在住の地元高校・情報系専門学校卒業者を対象に2020年4月入社の人財を募集。セールスフォース・ドットコムが提供する『誰もが平等に学び活躍できる能力開発プログラム』のロジックを全面的に採用し、アプリケーション開発者の育成を短期間で行っていきます。この進出をきっかけに、地元の若者が抱える学歴や都心との情報格差といった弊害をなくし、誰もが質の高い教育を平等に受け、働いていくことを支援していきます。そして将来的には、地方からグローバルに発売できるアプリケーション開発を担えるような人財の輩出を目指していきます。


■明治維新発足の地・萩市との協定背景
 『萩 明倫館 アプリ開発センター』が開設される場所、旧萩藩校明倫館は、萩藩の人財育成の中枢を担い、兵学の師範のひとりとして吉田松陰も教鞭をとり、高杉晋作木戸孝允など多くの先覚が志を立てました。その流れは、現在まで受け継がれ、次代を担う子どもたち、そして萩市を訪れる人々に”学び”のシンボルとして知られています。

 一方で、市の人口は最も多かった1955年から、その半分以下の約47,000人にまで減少。進学や就職を機とした若者の流出が続く状況が喫緊の課題となっています。そのような中、将来のまちづくりの指針となる「萩市基本ビジョン」を2018年に策定。「ひとづくり構想」「地域産業振興構想」といった構想に沿って、サテライトオフィスを開設することで、高校を卒業した若者たちが萩市にいながらレベルの高いIT技術を習得できる、新しい働き方と職業の選択機会を創出します。


《 『萩 明倫館 アプリ開発センター』概要 》
(1)事業所名 :萩 明倫館 アプリ開発センター
(2)所在地  :萩市大字江向602番地(萩・明倫学舎本館2階 復元教室を改装して利用)
(3)事業内容 :1.サテライトオフィス 2.人財育成事業
(4)操業開始 :2019年10月(予定)
(5)計画雇用人数 :5~10人(地元雇用)※将来的に50人規模
(6)今年度募集要項:2020年3月末までに高校、専門学校高等専門学校を卒業・修了見込みの萩市近辺の方
(7)募集職種   :Salesforce アプリケーション 開発エンジニアプログラマー
《 今後のスケジュールについて 》
2019年10月オフィス開所式
2020年4月 :入社式


《 本協定に関するコメント
【 Phone Appli 代表取締役社長 石原 洋介 】

 この度は山口県萩市に弊社初のサテライトオフィスを開設させて頂くこと、大変嬉しく思っております。山口県、萩市関係者の皆様、地元企業の皆様との素晴らしいご縁がなければ今回の取り組みが生まれることはなく、関係者の皆様には心より御礼申し上げます。また、地元教育機関の皆様からも温かく迎え入れて頂き、学生・生徒向けに就職説明会等の機会を頂戴できましたことも、深く御礼申し上げます。弊社がいままで培ってきた、「働き方改革」を成功させる『ルールツールプレイス』の考え方を最大限に活かし、素晴らしい拠点とすることをお約束させて頂きます。

【 萩市長 藤道 健二様 】
 この度は『萩 明倫館 アプリ開発センター』を進出いただき誠にありがとうございます。本市にとって2019年は、地域経済の発展に取り組んだ昨年に続く「産業再生セカンドステージ」。正に、地域に変革を起こす「改革本番」の年です。そのようなタイミングで訪れた良縁。Phone Appliが体現する、次世代型の「働き方改革」は、150年前の明治維新を彷彿させる、時代を変革する1ページとなるのではないでしょうか。ここで育つ人財が、萩から世界に巻き起こすであろう数々の物語を「令和維新」とすべく、共創していきたいと思います。

【 セールスフォース・ドットコム 常務執行役員 関 弘毅様 】
 この度のPhone Appliによる『萩 明倫館 アプリ開発センター』の開設を心よりお祝い申し上げます。クラウドベースアプリケーションは、Salesforceに限らず、場所を選ばない自由な働き方を可能にします。この度のお取り組みが、萩市のアプリケーション開発人財の育成に貢献し、デジタルを活かしたSociety5.0時代の地方創生を加速させることを期待しています。


株式会社Phone Appli について 》
 株式会社Phone Appliは『コミュニケーション改革企業No.1』をビジョンに掲げ、6年連続国内シェアNo.1のクラウドWeb電話帳サービス『連絡とれるくん』を販売しています。コミュニケーションのやり方を変え、お客様の企業文化の変革と、企業価値の向上をお手伝いすることを目指しています。


株式会社Phone Appli会社概要 》
代表取締役社長  :石原 洋介
所在地      :〒105-0001 東京都港区 虎ノ門4丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル8階
設立       :2008年1月
資本金      :398,365,710円
業務内容     :連絡とれるくん(クラウド電話帳サービス)等クラウドサービスの企画・開発・販売/アプリケーション開発・販売:Cisco Unified Communications Managerはじめ各種IP-PBX対応アプリケーションの開発・運用/各種IP-PBX設計・構築・保守/その他通信設備工事
URL       :https://phoneappli.net/

配信元企業:株式会社PhoneAppli

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ