堅実女子の皆さんは、料理やお弁当のデリバリーサービスを利用したことがありますか?最近は「Uber Eats」や「Amazon Prime Now」といったデリバリーアプリも充実しており、デリバリーの選択肢がグンと広がっています。忙しくて料理が作れない日などは、とても便利です。

ヘルシー志向は一切ナシ!お弁当で人気なのはとにかく肉!

日本最大級の法人・団体向けお弁当デリバリーサービス「くるめし弁当」を運営する日本フードデリバリー株式会社では、「デリバリー弁当利用に関する調査」を行なっています。こちらによると、デリバリー弁当を注文するタイミングとして一番多いのは「会議」(62%)。そのほかのランキングは以下の通りです。

1位 会議(ランチミーティング、会食など)……62%

2位 セミナー(社内外セミナー、展示会など)……28%

3位 会社行事(歓送迎会、親睦会、納会など)……24%

4位 ロケ……11%

5位 季節行事(花見、ハロウィンクリスマスなど)……7%

5位 接待(重役会議、MRなど)……7%

7位 学校行事(謝恩会、遠足、運動会、合宿など)……6%

会議のほかにはセミナー、会社行事、そして撮影などのロケ。さらにはお花見ハロウィンなどの季節行事、学校行事などで注文されています。ただ割合としては、会議が圧倒的!それだけ日本の会社の会議は時間が長く、回数が多いということでしょうか。

さらに同調査が注文する人が「デリバリー弁当に求めるもの」について調査したところ、一番多かった回答は圧倒的に「味」(88%)。続いて「彩り」(53%)、「価格の安さ」(52%)と続くことが分かりました。デリバリー弁当は安さよりも味、さらには彩りも重視する人が多いのです。一方で女性が重視しそうな「ヘルシー」をあげた人はわずか16%で、反対に「ボリューム」は44%。重要なのは低カロリーよりも食べ応えなのです。

会議などでお弁当を発注する役割を任命された時は、お肉系のボリューム弁当にすると間違いがないかもしれません。

また同調査によると、好きなお弁当ジャンルとして圧倒的に人気なのは「和食」で88%。和食はヘルシーイメージがありますが、それに続くのは「洋食」(53%)、「中華・韓国」(35%)、「焼肉・ステーキ」(25%)、「とんかつ天ぷら」(19%)と、コッテリしたイメージの料理ジャンルが続きました。

老舗のクオリティーと安心感は絶大!「まい泉」のお弁当が一番人気

さらに今回は、人気ジャンルの「和食」と「洋食」それぞれで実際に人気が高いお弁当ベスト3を発表。まず和食のベスト3は以下の通りとなっています。

とんかつ以外でも実力が発揮されている、まい泉のお弁当。また塚田農場といえば居酒屋が有名ですが、お弁当がここまで高評価なことにも驚きです。

1位はとんかつの老舗店「とんかつ まい泉」の「いろいろ弁当」(850円)!名前の通りとんかつだけではなく鮭や鶏の照り焼き、煮卵、ポテサラなど全部で10種類のおかずが入っているそうです。そして2位は塚田農場の「絶品!塚だまタルタル若鶏のチキン南蛮弁当」(800円)、3位は同じく塚田農場の「いろどり幕ノ内弁当」(900円)。1位と3位はいろいろなおかずが入っているのが特徴ですが、2位はチキン南蛮肉じゃがの豪華おかずとなっています。続いて洋食部門のベスト3はこちらです。

SOMY’S DELのお弁当は見た目もオシャレで、インスタ映えしそうですね。

1位はSOMY’S DELIの「8種野菜のグリルチキン弁当」(864円)。SOMY’S DELIは昨年「ロケ弁グランプリ」で優勝したお店。同じく2位も同店の「8種野菜のふわとろオムレツ」(864円)がランクインしていました。そして3位は和食部門でも人気を博した、塚田農場の「北海道産黒牛100%黒牛バーグ弁当」(1000円)です。

ランクインした上位を見ると、やはり魚よりも圧倒的にお肉!トンカツチキンハンバーグとボリューミーなものがズラリとそろった印象です。デリバリー弁当を頼むときは、とりあえず肉!というキーワードをぜひ覚えておきましょう。

【調査概要】
調査主体:日本フードデリバリー株式会社
調査対象:20歳以上 男女1029人
調査方法:インターネットを用いたアンケート調査
調査期間:2019年5月23日(木)~6月5日(水)

関連画像