「神もエモいとか言うんやな」

大リーグシカゴ・カブスダルビッシュ有投手(32)が2019年6月28日ツイッターにこんな一言を投じた。ダルビッシュ投手に「神」と称されたのは、同じく日本人リーガーでニューヨーク・ヤンキース田中将大投手(30)。この2人の間にいったい何があったのか――。

記事の感想「キモかったらキモいって正直に言っていいよ」と質問され...

発端は6月27日ウェブメディアREAL SPORTS」の公式ツイッターアカウントダルビッシュ投手の独占インタビュー記事を紹介したことにある。これについて

「またまた記事が出ました。これで全4回に渡るインタビューが終わりました。読んでくださった皆様に心より感謝申し上げます」

ダルビッシュ投手が引用ツイートすると、田中投手が「ダルさん、読みましたよー」と反応したのだ。するとダルビッシュ投手は

「どうやった?キモかったらキモいって正直に言っていいよ」

と直球質問。これに対し田中投手が「エモいです笑」と感想を答え、ダルビッシュ投手が冒頭のツイートを投じるに至ったというわけだ。このやりとりを目にしたファンからは、

マー君が、エモいとか言うのなんか可愛い(笑)
「神々のイチャイチャめっちゃすこ」
インタビュー記事は、やっぱ『エモい』さすがマー君!」

と好意的な書き込みが相次いだ。また「ファン目線だとダルビッシュ選手と田中選手のやりとりは、暇を持て余した神々の遊び的な感じがします笑」と、「暇を持て余した神々の遊び」というフレーズで知られる、お笑いコンビモンスターエンジン」のネタを思い浮かべたファンもいた。

ヤンキース・田中将大投手(写真は2016年12月撮影)