現在、米ニューヨークで建設中の高層オフィスビルのリース契約について、米フェイスブックが交渉を行っていると、米ウォールストリート・ジャーナルが伝えている。

JBpressですべての写真や図表を見る

300Mの高層ビル、3分の1に入居希望

 場所は、マンハッタン西部ハドソン川沿いの都市再開発区域。ここではオフィスやマンション、商業施設、ホテルなど、合計16棟のビルから成る開発が行われており、一部はすでに開業している。そのうちの、高さ300メートルの高層オフィスビル「50ハドソン・ヤーズ」が2022年に完成する予定で、フェイスブックは、同ビルの延べ床面積の約3分の1をリース契約したいと考えている。

 ビルの全体の延べ床面積は27万平方メートル東京ドーム5.7個分)。フェイスブックが入居交渉しているオフィススペースの延べ床面積は9万3000平方メートル東京ドーム2個分)という。

 フェイスブック2008年から、営業とマーケティングの従業員をニューヨークに置き、2012年には同都市でエンジニアを雇い始めた。2013年には、ニューヨーク大学近くのビルで、9300平方メートル分のオフィススペースリース契約をした。

 今回の契約がまとまれば、ニューヨークは、カリフォルニア州メンローパークの本社に次ぐ規模の業務拠点になると、ウォールストリートジャーナルは伝えている。

グーグルはNYの巨大キャンパス計画

 今年2月には米アマゾンドットコムが、住民や地元の政治家の反対に遭い、ニューヨークの第2本社計画を撤回した。だが、最近は、シリコンバレーをはじめとする西海岸のテクノロジー企業が、本拠地から重心を移し、米国のさまざまな都市に入り込もうとしている。

 例えば、グーグルは昨年(2018年12月、マンハッタンで複数の大型オフィスビルをリースし、それらで「グーグルハドソンスクエア」と呼ぶ新キャンパスを構成すると発表した。その総延べ床面積は、約16万平方メートル東京ドーム3.4個分)。投資額は10億ドル(約1100億円)を超えるという。

 グーグルニューヨークオフィスの従業員数は、約7000人。これを今後10年かけて2倍の1万4000人に増やす計画だ。また同社は昨年、ミシガン州デトロイト、コロラド州ボールダー、テネシー州、アラバマ州などで、オフィスデータセンターなどを開設した。これら本社以外の拠点における従業員数の伸び率は、本社のそれを上回っている。

 (参考・関連記事)「アマゾン、まさかの頓挫、NYの第2本社計画

アップル、アマゾンの本拠地で拠点拡大

 同じくシリコンバレーに本社を置く米アップルは、テキサス州オースティンに新社屋を建設すると発表している。同社は、ペンシルベニア州ピッツバーグと、ニューヨークボールダーでオフィスを拡張する。このほか、カリフォルニア州サンディエゴとカルバーシティ、ワシントンシアトルにも新オフィスを設置する計画だ。

 このうち、シアトルについては先ごろ、アップルが今後5年以内に、新たに2000人を雇用すると、CNBCなどの米メディアが報じた。アップルは現在建設中の12階建てビル2棟のリース契約を結んでいる。このビルは、アマゾンが本社を構えるサウスレイクユニオンに近い場所だ。

 (参考・関連記事)「西海岸の外へと増殖する米テクノロジー企業

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  グーグルのスマートシティー事業が難航

[関連記事]

米国の未来はテキサスか、カリフォルニアか?

西海岸の外へと増殖する米テクノロジー企業