ブルーベリーの効能は次々に明らかになっている。その一粒に栄養が凝縮されており、様々な方法で健康が促進される。新たな研究により、1日1カップブルーベリーを摂取すると、循環器疾患のリスクが最大15%軽減することが明らかになった。

 

ブルーベリーが心臓病と2型糖尿病リスク軽減に関与することは以前から知られている。しかし新たな研究はイギリスイースト・アングリア大学とハーバード大学チームにより実施され、これらの病気に罹患する可能性が高い患者においてもリスクを軽減することが示された。

 

50-75歳、体重過多もしくは肥満であり、メタボリックシンドロームを有する115名を対象に試験を実施した。メタボリックシンドロームは2型糖尿病の前兆であり、高血圧、胴囲周りの余分な体脂肪中性脂肪高値、コレステロール高値、高血糖が認められる。

 

試験期間は6週間、参加者は下記3群に分けられた:

フリーズドライブルーベリーウダー1日1カップ摂取群

フリーズドライブルーベリーウダー1日1/2カップ摂取群

・プラセボを摂取するコントロール

 

1日1カップ摂取群では、動脈硬化度減少および血管機能改善が認められ、それぞれ循環器疾患のリスクの12%または15%軽減に相当した。しかしながらブルーベリーを摂取しても血圧には影響はなく、またインスリン感受性の改善も認められなかった。その他の食事指導は行われなかった。

 

ブルーベリーの効能は、アントシアニンという抗酸化物質由来と考えられる。アントシアニンは果実の濃い紫、赤、黒といった色を作り出す。これらのフラボノイドは動脈の酸化ストレスや炎症を軽減し、弛緩を促す。これらの化合物は繊維とともにコレステロールレベル改善にも寄与する。

 

1日1カップブルーベリー摂取で、幾分か心臓の健康を改善できるかも可能性がある。もちろん、炎症を誘発するような食事よりも健康的でバランスの取れた食事とともに摂取されれば、より良い効果が期待できるだろう。

 

著者であるデボン・アンドレは、カナダウィンザー大学で法科学の学士号を、ピッツバーグ大学で法学士を取得している。本記事はBel Marra Healthにて最初に公表された。

 

大紀元日本ウェブ編集部)

(Photo by Ben Pruchnie/Getty Images)