ボンカレーゴールド×スーパーボンバーマン Rコラボ発表会」が6月27日東京都内で行われ、広報大使に就任したゴールデンボンバーが登場した。

【写真を見る】いつになく(?)神妙な面持ちで広報大使就任の喜びを語るゴールデンボンバー

イベントで、2018年に50周年を迎えた大塚食品の「ボンカレー」とKONAMIの人気ゲームタイトルスーパーボンバーマン R」がタイアップし、「ボンカレーゴールド×スーパーボンバーマン Rコラボパッケージ」を7月から夏季限定で発売することが明かされた。

広報大使に就任したことについて、ゴールデンボンバーメンバーがそれぞれ心境を告白。

鬼龍院翔は、バンド名が理由で広報大使に選ばれたことに触れ「喜矢武(豊)とバンド名を決めた時に、英語のおしゃれな名前にしなくて良かったです(笑)」とにっこり。

喜矢武豊は「『ボンカレー』と『ボンバーマン』は小さい頃から慣れ親しんでいますので、とてもうれしく思います。(大塚食品とKONAMIゴールデンボンバーの)3組でWINWINWINの関係で頑張りたいと思います!」と意気込みを語った。

また、歌広場淳は「ゴールデンボンバーは毎年『今年消える』と言われておりますので、一生懸命頑張らなきゃなとプレッシャーを感じております」と自虐的に。

そして樽美酒研二は「われわれがしっかりと宣伝して、夏だけとはいわず秋も冬も売っていただけるように頑張ります」と意欲を見せた。

そんな中、このコラボレーションを盛り上げていくためにゴールデンボンバーが「ボンバーマンキャラクターの白ボンや「ボンカレー」製造工場スタッフと体を張った真剣勝負を繰り広げる「ボン活!3番勝負」に挑戦することが明かされた。

勝負の詳細として、1本目は爆風の中で100m走を行う「爆走100m走対決」、2本目は大塚食品ボンカレー製造工場のスタッフジャガイモの芽取りを競う「ボンカレーゴールド 国産じゃがいも芽取り対決」、3本目は「スーバーポンバーマン R」をプレイして競う「スーパーボンバーマン R ゲーム対決」であることが明かされると、鬼龍院が「なんで一発目が一番過酷なんですか!?」と嘆きながらも、「宣伝になるならば…」と苦笑しきりだった。

この「ボン活!3番勝負」の模様は公式キャンペーンサイトに随時アップされる。(ザテレビジョン

広報大使に就任したゴールデンボンバー