ついに、メルセデス・ベンSLKの「ファイナルエディション」が追加された。用意されるモデルは、メルセデス・ベンツSLC 180スポーツファイナルエディションとメルセデスAMG SLC 43 ファイナルエディションの2モデルである。

h2「マジックスカイコントロール パノラミックバリオルーフ」を用意
メルセデス・ベンツSLC 180スポーツファイナルエディション
メルセデス・ベンツSLC 180スポーツファイナルエディション

 世界初の電動開閉式ハードトップ「バリオルーフ」を備えた全天候型オープンカーとして鮮烈なデビューを飾ったのは1996年のこと。デビュー当時は「SLK」を名乗っていたが、2016年に「SLC」へと改名。現行モデルは、改名と同時に大規模な改良が加えられたモデルである。

 まず、1.6ℓ 直4ターボのSLC 180スポーツファイナルエディションのボディカラーは、初代SLKをオマージュしたサンイエロー(有償オプション)を用意するほか、特別仕様車専用のハイグロスブラックペイントの18インチAMG5スポークホイールを標準装備する。また、フェンダーには「SLC Final Edition」バッジが装着される。

メルセデス・ベンツSLC 180スポーツファイナルエディション
ダークモード
クリアモード

 オプション装備として、スイッチを押すだけでルーフトップの透過率を瞬時に変更し、クリアダークモードを自在に切り換えられる「マジックスカイコントロール パノラミックバリオルーフ」を用意。ルーフを閉じた状態でも快適なオープンエア気分が味わえる。

h2AMG SLC 43 は、SL63と同じ専用「AMGセレクトレバー」を採用
メルセデスAMG SLC 43 ファイナルエディション
メルセデスAMG SLC 43 ファイナルエディション

 一方、3ℓ V6ツインターボAMG SLC 43 ファイナルエディションは、外装色にサンイエローのみを採用し、特別仕様車専用のマットブラックAMG5スポークアルミホイールを標準装備する。

 AMG SLC 43 ファイナルエディションのインテリアは、ブラックシルバーのツートーンカラーナッパレザーを採用し、SL63と同じ専用AMGセレクトレバーと「AMG EDITION」ロゴが下部に配されたセンターマーキング付き専用デザインステアリングホイールを装備。また、上質なナッパレザーはシート表皮だけではなく、インテリアの随所に採用されている。

 なお、SLC 180スポーツファイナルエディションのステアリング位置は右のみだが、AMG SLC 43 ファイナルエディションは左と右から選ぶことができる。

メルセデスAMG SLC 43 ファイナルエディション

車両本体価格
メルセデス・ベンツSLC 180スポーツファイナルエディション(右)  595万円
メルセデスAMG SLC 43 ファイナルエディション(左/右)  989万円

SLC 180スポーツファイナルエディション(左)とAMG SLC 43 ファイナルエディション。