株式会社鼓月(本社:京都市 代表取締役社長:中西 英貴)は、2019年6月28日(金)、そごう神戸に「姫鼓月」第1号店をオープンします。



店舗名:姫鼓月 そごう神戸店
所在地:〒651-8511 神戸市中央区小野柄通8丁目1番8号 本館 地階
営業時間:午前10時午後8時
  • 姫鼓月とは
「ちいさくてかわいい和菓子だけを集めた鼓月のお店、それが「姫鼓月」です。主力となる商品の一つは「姫千寿せんべい」。誕生から50数年、「京菓子處 鼓月」の看板商品として多くの方に愛されている「千寿せんべい」を、小さく食べやすく、フレーバーも多数用意された、見た目のかわいらしさとともに、自家需要や手軽な“お持たせ”として人気です。
 また、新商品として「ちいさくてかわいいあんこのおもたせ、「姫どら」も発売。
 カラフルパッケージであふれる姫鼓月は、ほっと一息の時間、ちょっとしたお土産、ギフトに――かわいらしさをプラスする新提案のお店です。 「姫千寿せんべい」の定番である「シュガークリーム」、「有機ほうじ茶」に加え、季節限定「雪塩バニラ」の
常時3ラインナップに加え、催事限定商品の「キリマンジャロ」を特別販売。
 さらに、そごう神戸店限定商品として「カラメルプリン」も新登場です。
 カラメルプリンは、ほどよい甘さのカスタードクリームに、ほんのりビターなカラメルを合わせ、少し懐かしさも感じるプリン味。神戸の方になじみの深いプリンヴァッフル生地のハーモニーはどんな世代の方にも美味しく楽しめる逸品です。


『姫千寿せんべい カラメルプリン
価格(税抜):12枚入 1,300

  • あんこ好きの方におすすめ!姫どら
 姫鼓月だけの新商品「姫どら」は、銅鑼の形のふんわりとした食感豊かなたまごせんべいで、職人技が光るあんこサンドした、シンプルだからこそ、あんこをしっかり味わえる和菓子
 鼓月謹製の餡子をそのまま味わえる「小豆」に、加え、クリームなどを挟まず、小豆そのものに味をつけた、
「抹茶」「ほうじ茶」「珈琲」「紅茶」、5種類のおいしさを3種類のパッケージでお楽しみいただけます。
 8枚入り以上のパッケージでは、「抹茶・ほうじ茶」「珈琲・紅茶」のアソートが用意され、おもたせやギフトにも最適。

『姫どら 小豆』 (※写真左)
『姫どら 抹茶・ほうじ茶』(※写真中央)
『姫どら 珈琲・紅茶』(※写真右)

価格(税抜):各種 5個入 700円、8個入1,200円、18個入 2,500円、24個入 3,300

選べる楽しさがうれしい5つの味をご用意。「小豆」は大納言小豆の風味豊かな味わい、「抹茶」は宇治抹茶の深い旨み、「ほうじ茶」はくきほうじ茶の香ばしさ、「珈琲」のコク深さ、「紅茶」は白小豆とアールグレイ爽やかさが、鼓月謹製のつぶ餡と調和し、それぞれの世界感を味わえます。



  •  鼓月について

 鼓月は、昭和20年に京都で創業し、伝統の京菓子文化を大切に守り続けながらも、既成概念にとらわれない新たな京菓子を生み出しました。
その中でも販売以来大人気の商品「千寿せんべい」は、昭和38年1963年)に生まれて以来、売上高No.1を誇る鼓月の看板商品です。

 

配信元企業:株式会社 鼓月

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ