●ワイヤレス充電機能を備えたスマホホルダー「SDA-SC510」

ドライブに欠かせないスマホも運転中の操作は厳禁で、「1年以下の懲役、または30万円以下の罰金」の罰則規定が2019年中に施行されます。

完全に停車している状態なら問題ないというのが一般的な解釈ですが、渋滞時やもうすぐ赤信号だからと減速時にスマホを手にとって「注視」してしまうと、NGになります。カーナビの「注視」も違反。

厳罰化が決定したからではありませんが、スマホスマホホルダーで固定して手に持たない、カーナビ同様に「注視」しない、というのが原則でしょう。

詳細画像はこちら

前置きが長くなりましたが、スマホ・ホルダーの購入や買い替えを検討している人にオススメのアイテムが登場しました。

パイオニア2019年7月から発売する車載用電動オートホールド式ワイヤレス充電スマートフォンレイドルの「SDA-SC510」は、ワンタッチスマホを脱着できる電動オートホールドを搭載。最大15Wの急速充電が可能なワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応しています。

スリップ防止や落下防止パーツなどの安全装備も備えているほか、クルマダッシュボード上(奥行調節伸縮アーム付きオンダッシュ取付アタッチメント)と、エアコン吹き出し口にスマホを固定できる2種類のアタッチメントも同梱されています。これにより、車種や好みに応じてダッシュボードかエアコン吹き出し口か取り付けが選べます。

詳細画像はこちら

また、ワンタッチスマホが脱着できる電動オートホールドは、静電タッチセンサー赤外線センサーを使って実現。ホルダーの脱着がしにくいタイプもありますが、これなら便利に使えそうです。

さらに、脱着時の落下を防ぐスリップ防止パッドと落下防止パーツが装備されているほか、外し忘れ対策として電気二重層キャパシターを搭載し、降車時などスマホホールドしたままエンジンを切った後でも、ワンタッチで取り外しが可能。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

先述したように、 Qi(チー)規格ワイヤレス充電に対応したスマホなら最大15Wの急速充電が可能で、ケーブルに接続したり、ケーブルの取り回しに気を使ったりする必要もありません。
ほかにも、車内に持ち込みすぐに使えるUSB Type-CケーブルQuick Charge 3.0対応シガーソケット用USBチャージャー(2系統)、吸着面取付シート、落下防止用ストラップも用意されています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

車載用電動オートホールド式ワイヤレス充電スマートフォンレイドルの「SDA-SC510」の価格はオープン。実勢価格は税別7,000円前後と想定されます。

(塚田勝弘)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ワイヤレス充電Qiと電動オートホールドを備えた高性能スマホ・ホルダーがパイオニアから登場(http://clicccar.com/2019/06/29/869487/)