映画『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』が公開されたのを記念し、6月29日に東京・新宿バルト9で舞台挨拶が開催。戸田恵子中尾隆聖ゲスト声優としてバニラ姫役を演じた榮倉奈々バニラ姫の教育係・ジェラート大臣役のみやぞんばいきんまんが作った最強メカ“バイキンアイスロボ”役のあらぽんのANZEN漫才のふたり、テーマ曲を担当したドリーミングが登壇した。



 本作は、「アンパンマン」の生みの親・やなせたかしの生誕100周年にあたる記念作。イベントドリーミングと登壇ゲストの皆さん、そしてお客さんが歌う「アンパンマンのマーチ」の大合唱スタート子どもたちの元気な声が会場中に響き渡った。

 長年アンパンマンの声を務めてきた戸田は「アンパンマンの生みの親、やなせたかし先生の生誕100周年の年に、素晴らしい映画ができました」と、中尾は「今年もみなさんと公開を迎えられてとっても幸せです」と笑顔で挨拶した。一方の榮倉は「家で毎日見ていたアンパンマンに、ゲスト声優として出演することが出来てとてもうれしいです。ドリーミングさんの生歌や、戸田さんや中尾さんのアンパンマンばいきんまんが聞けて、そして来てくれた子どもたちの笑顔と笑い声でとても幸せです」と公開日を迎えた今の気持ちを率直に語り、会場は温かい空気に包まれた。あらぽんは「甥っ子に『(アンパンマンの映画は)いつやるの?』とよく言われていたんですけど、やっと『始まるよ!』と伝えることができてうれしいです」と喜びを語った。

 上手にアイスを作れないバニラ姫が、アンパンマンや仲間たちと出会って少しずつ成長していく本作になぞらえ、バニラ姫にとってのアンパンマンのように、「自分を“大きく成長させてくれた人”」について聞かれた榮倉は、「今回は、戸田さんや制作スタッフの方々にとても助けてもらいました。アフレコ収録の時に緊張していて、制作スタッフの方々が『アンパンマンのマーチ』を合唱してくれたんです。子どもたちが楽しんで観るから、作る方も楽しくやらないといけないんだよ、と聞いて、アンパンマンはもちろ ん、制作の方々もとても素敵だなと思いました。戸田さんにはアフレコ収録の1日目が終わった時に『すみません、難しいです』ってメールを送らせていただいたんですけど、的確にアドバイスをいただいて助けていただきました。ありがとうございました」とお礼を述べた。戸田は「アンパンマンを愛するが故に、一生懸命にやってくれて、その思いの丈が届いて私もうれしくなりました。(榮倉が)子育て奮闘中ということもあって、『子どものようにやってみたらどう?』って伝えたんですけど、悩んでくれた結果、榮倉奈々のすべてが詰まったようなでき上がりになっています」と、榮倉の声優ぶりに太鼓判を押した。

 そして七夕直前という事もあり、ゲストの皆さんが“アイス型短冊”に書いた願い事を披露。戸田と中尾はそれぞれ「アンパンマンの映画をたくさんの人に観てもらえますように」、「子どもたちがいつも笑顔でいられますように」と発表。榮倉は「“映画館デビュー”を楽しんでもらえますように!」と本作を子どもたちの映画館デビューにぴったりの作品とオススメした。みやぞんは「アンパンマン大好きな子供たちがたくさん気づいて生きていきたい」と珍回答。榮倉やあらぽんは困惑の表情を見せたものの会場は大きな笑いに包まれた。続いてあらぽんは「オリンピックを見に行きたい」と発表。ドリーミングは「やなせ先生とまた巡り合いたい」と回答。毎年舞台挨拶に登壇していたやなせ先生とのエピソードを披露し、戸田も「きっと見てくれていると思います」と語った。

 最後に戸田は「今回は“笑顔”がテーマです。やなせ先生が“笑顔”が大事だ、“人生は喜ばせごっこ”だと仰っていました。31年間も続いているアンパンマン大切なものが何かということを教えてくれるアニメだと思っています」と語り、日本中の子どもたちに“最高の笑顔”を届ける本作にふさわしい、会場中が笑顔に包まれた温かなイベントとなった。

<映画『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』情報>
元気100ロードショー

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかしアンパンマン製作委員会2019