miura.jpg イラストレーターみうらじゅんさんは2011年4月22日ニコニコ本社生放送された「吉田照美&みうらじゅん ときどきアートライフ」で、東京電力から仕事の依頼があったが、「全部断った」と明かした。

 みうらさんは、東電仕事について「4コマ漫画を書いてくれと言われた。ギャラはすごくいいです。ゼロがいっぱい」と暴露。これに対して、フリーアナウンサー吉田照美さんが「インターネットでは東電仕事のギャラは、500万円とか言われているけど・・・」と問いかけると、「もっと上でした」と返答。それでも「全部断った」という理由について、みうらさんは、

みたいなやつにたくさんギャラをくれるのは、あやしいじゃないですか」

 と笑いを誘いつつ明かした。

 また、「飲んでも大丈夫」とプルトニウムの安全性を強調したことで批判を浴びたとされるビデオに登場するキャラクター「プルト君」についてイラストレーターとして言及。「(プルト君のように)ゆるキャラで問題起こしそうなものがたくさんある」と摘。その上で、

「やり玉に上げられるのがキャラクターであるのはかわいそうだけど、作った人はちゃんと責任を負わないといけないよね」

 とった。

吉田照美&みうらじゅんときどきアートライフ
みうらじゅん東電仕事は全部断った』」部分から再生
http://live.nicovideo.jp/watch/lv46572988#18:03
(番組はタイムシフト機能2011年4月29日まで視聴できる)

ふじいりょう

【関連記事】
東電、原発事故の収束には「6~9ヶ月程度」
作家・東浩紀氏、震災前の著書は「黒歴史みたいなもの」
河野太郎氏、東電は「札びらでメディアの横っ面を張り倒している」