「初動対応で大きな間違いをおかしてしまった」

そう肩を落とすのは、事務所を通さず仕事をする闇営業を詐欺グループとの間で行なっていた問題で大揺れしている吉本興業に近しい関係者。

関連記事:やっぱりギャラ貰っていた! 雨上がり・宮迫、ロンブー田村亮ら期限付き活動停止 島田紳助氏引退でも懲りていなかった?

「事件発覚後にカラテカ入江に下された重い処分に怖じけずいた宮迫とロンブー亮が咄嗟についてしまった嘘で、潮の流れが最悪な方へと変わった。相手が詐欺グループだと知らなかったとした上で、後輩の入江から頼まれた営業だったこととギャラを受け取っていたことを素直に認めてマスコミの囲み取材に応じていれば、ここまでの騒動にはならなかったはず。これは吉本興業の完全なミスで、幹部らの危機管理能力の低さと自分たちは多くの番組を動かしている大手事務所だぞという過信から出たもの。なんとか揉み消せるだろうという目論見も外れた。当事者の芸人たちが小遣い稼ぎで目先の利益にとらわれたことは当然悪いことだけど、事務所の初動の判断ミス、調査不足が結果、人気芸人らをここまで追い詰める結果に」(吉本興業関係者)

問題が明るみとなり暫くして「金銭は一切受け取っていない」と、コメントを出した宮迫と田村亮。もらっていたことがバレれば脱税疑惑の目も向けられてしまいます。前出が続けます。

闇営業の実態が公になってすぐ、話し合いの場には吉本興業弁護士が同席したと聞いてる。事務所の人間は弁護士にほぼ丸投げ状態だったそうで、今後の損失を最小限に抑えるべく、その弁護士がこういう風に謝罪文を書いてくださいと指示を出したらしい。いくら宮迫や亮が〝もらっていない〟と言っても、先輩の松本人志も言っていたように〝ギャラなしで芸をするなんてあり得ない〟訳で、その辺りの見立てというか脇の甘さが今回の非常事態を招いた。芸人が処分されるなら、仕事を全うしなかった吉本幹部も罰するべきなんです」(前同)

関連記事:「ホームレス中学生」が特殊詐欺グループの仲間だった! 闇営業問題で揺れる中、女性からキャッシュカードを盗み逮捕

以前のような強大なパワーはないにせよ、吉本ぐらいの大手ともなるとマスコミを利用した印象操作なんてものはこれまでお手の物でした。しかし今回は反社会勢力との繋がりが大問題で、振り込め詐欺を含む特殊詐欺の被害額は年間で390億円を上回ると言います。
「吉本芸人は勘違いのバカの集合体」と呆れるのは、バラエティ番組で放送作家のベテランX氏。

「吉本の社員は放任主義というか、芸人にとやかく意見ができる人間というのはごく限られた人間だけ。金さえ稼げればいいという風潮があるから、売れてる芸人には常に媚びへつらって、末端の芸人には園児の小遣いかよ?ってほどの薄給。外で割りのいい営業をしたくなるのもわかります。ようは、大勢の芸人を抱え込んでるくせに、管理が行き届いてないんですよ。吉本は芸人を金を稼ぐ駒としか思ってないから、今回のような自体を招くんです。反社かどうかは定かではないけど、闇営業をしている芸人は実際多いと聞いてる。取っ払いで領収書も切らないから、証拠が残らない。僕はそういうことをやってる芸人がいたことを事務所は薄々気づいてたと思います。関わると面倒なことになるから見て見ぬ振りをしてたんです。金を稼がないと生活できないし、バイトをしたくても、安いギャラで地方営業に日々飛ばされる。そりゃ手っ取り早く金が手に入る黒いバイトに手を染めるのも無理はありせんよ。嫁子供がいる芸人なら死活問題ですからね」(放送作家)

この騒動、いまだ終わりが見えません。宮迫、ロンブー亮ら11人を無期限で謹慎処分を下しましたが、追加でスリムクラブの2人が暴力団関係者の会合で闇営業を行ったとして活動禁止に追い込まれている。

最後に、

「ここ一週間で吉本の対応がガラリと変わりました。会社が傾くかもしれない緊急事態なので、ふんどしを締め直しつつ社員は顔面蒼白で代理店、スポンサーに頭を下げに回ってます。しかし芸人たちは、そうでもない。舞台の上で闇営業をネタにして笑いをとったり、ツイッターで処分を受けた芸人らを擁護する者まで。もうメチャクチャです、自体を甘く見ている連中に対し直ちにSNSを禁止にすべきです。

僕はもっと謹慎処分を食らう芸人が出てくると思ってます。入江はいかにも嘘くさい奴でしたが、芸人仲間からは割と評判が良かった。なんでかっていうと、知り合いの女を献上してたんです。先輩たちを接待する席には六本木のホステスに号令をかけて招集し、〝入江はほんま使える奴〟として重宝されてました。夜の街の経営者やお水の子は反社と繋がってるケースがほとんどですから、次は俺かもしれないと眠れない毎日を送ってる芸人がほとんどだと思います。プロ意識のなさが招いた、自業自得案件ですね」(放送作家)

今後は闇営業以外の「黒い交際」についても、暴かれていく可能性が……。思い起こせば、島田紳助暴力団との関係が引き金となって、芸能界を引退。数多くの吉本芸人を番組に起用している手前、紳助の報道は当時、各局控えめでした。また、吉本で黒い人脈を持つ人物として知られているのが大御所の中田カウス間寛平。古く遡れば、故・横山やすしは暴力団幹部と兄弟盃まで交わしています。

延焼中の今回の騒動、宮迫とロンドンブーツ1号2号田村亮は芸能界永久追放の可能性も秘めているとか。また吉本に多大な損害を与えたことで、高額な損害賠償請求の恐れも。令和最初の大騒動です。(取材・文◎那目鯛子)

あわせて読む:ふざけてんのか! 闇営業バレても独り気を吐く顔マネ芸人! 批判されても「ガーデニングが好き過ぎて家を森にする人」など連投

TABLO