海野つなみ氏の人気漫画「逃げるは恥だが役に立つ」が、朗読劇シリーズ「恋を読む」の第2弾として朗読劇化されることが決定し、10月2~6日にヒューリックホール東京で上演されることがわかった。全10公演で、声優や2.5次元俳優など多彩なジャンルから集まった4組のキャストが日替わりで出演する。

2012年から月刊「Kiss」(講談社刊)で連載中の同名原作は、派遣切りで無職になってしまった森山みくりと、恋愛経験ナシの独身サラリーマン津崎平匡が、夫=雇用主、妻=従業員として契約結婚をするラブコメディ2016年には新垣結衣星野源の共演でドラマ化され、社会現象を巻き起こした。朗読劇版は、「恋を読む」第1弾作品「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に続き、劇団「ロロ」主宰でドラマ腐女子うっかりゲイに告(コク)る。」などの脚本も手がけた三浦直之が演出・脚本を担当する。

10月2日公演は平匡役を荒木宏文、みくり役を妃海風、風見涼太役を石川界人、土屋百合役を友近が演じる。同3日公演は、平匡役を細谷佳正、みくり役を咲妃みゆ、風見役を木村達成、百合役を壮一帆が担当。4、5日公演は、平匡役を梶裕貴、みくり役を生駒里奈、風見役を有澤樟太郎、百合役を濱田めぐみが務める。「恋を読む」シリーズに2度目の出演となる梶は「今回も非常に楽しみにしています。そうそうたる共演者の皆さんと一緒に、楽しくお芝居できたらなと思っております」と気合十分。生駒は「日々葛藤しながら向き合っています」と吐露しながらも、「ご来場くださった皆様に楽しかった! をたくさん与えられるように作っていきたいと思います!!」と闘志を燃やしている。

同6日公演は、平匡役を吉沢悠、みくり役を内田真礼、風見役を斉藤壮馬、百合役を朴ろ美が担う。吉沢は「大ヒットした『逃げ恥』を、朗読で表現する機会をいただき、今から待ち遠しいです」と話し、内田も「新しい形に変わりお届けする『逃げ恥』! 劇場でその物語を是非ご覧ください」とアピール。斉藤は「ドラマを入り口に原作も拝読しておりましたので、出演させていただけて非常にうれしいです」と話し、朴は「百合の、恋に対して『慣れ』のない体当たりなところ、純粋で、だからこそ不器用なところを『愛おしく』感じていただけるよう、素直に、ハートフルに言葉に乗せてお届けできたらな、とワクワクしています」とコメントを寄せている。

チケットは全席指定で6500円(税込み)。オフィシャル抽選先行が7月16日正午~22日午後11時59分に実施される。詳細は公式サイト(https://www.tohostage.com/nigehaji/)で発表されている。

“平匡さん”は梶裕貴、細谷佳正、 荒木宏文、吉沢悠の4人