【この記事の動画を見る】

BABYMETAL6月30日イギリスの音楽フェスティバル『Glastonbury Festival 2019』に出演して『ギミチョコ!!』などヒットナンバーや新曲を含め8曲をパフォーマンス、会場を埋め尽くす観客をヒートアップさせた。その模様がBBCから配信されたところ、ステージSU-METALMOAMETAL鞘師里保の3人が登場してファンの反響を呼んでいる。

横浜アリーナ6月28日に開催された『BABYMETAL AWAKENS – THE SUN ALSO RISES -』の初日公演で元モーニング娘。の鞘師里保がサポートダンサーを務めてファンを驚かせた。この時はステージに3人のダンサーが現れ、そのなかから1人がサポートダンサーとして紹介される趣向だった。

また、29日に行われた2日目の公演ではさくら学院の藤平華乃がサポートダンサーを務めた。さくら学院と言えば部活「重音部」からBABYMETALが生まれたことで知られるアイドルグループだ。その現役メンバーである藤平はSU-METALMOAMETALの後輩になる。

その流れから次のサポートダンサーが注目されるなか、イギリスの音楽フェス『Glastonbury Festival 2019』で30日にステージを務めたBABYMETALサポートダンサーに再び鞘師里保が登場してファンを歓喜させたのである。

3人はキツネのお面を被って登場すると、バックバンドの重厚なサウンドとともに正体を見せて『メギツネ』をパフォーマンス、さらに横アリ公演で披露した新曲『PA PA YA!!』や「シャンティシャンティ♪」と歌うインド風な雰囲気の新曲を織り交ぜながら『Elevator Girl』、『Distortion』、『ギミチョコ!!』、『KARATE』、『Road of Resistance』を披露した。

BABYMETALサポートダンサーとして仕上げてきたとはいえ、鞘師里保オリジナルメンバーシンクロする違和感がないダンスはさすがだ。

ただ、スクリームダンス担当のMOAMETALヘッドセットマイクを付けているのに対して鞘師里保にはなかった。それはサポートダンサーに徹するということを示すため、あえて付けなかったのかもしれない。

ライブ映像を視聴した人々からは、鞘師里保について「鞘師さん、やっぱり継続して海外でもサポートしてるんですねw」、「りほりほは今後Riho-metalになって正式メンバーになるの?」「鞘師さん、いや…RIHOMETALさんありがとう!! 我々メイト勢は貴女をリスペクトしています」、「自分もRIHOMETALを完全リスペクトしてます!」などの反響があった。

SU-METALこと中元すず香鞘師里保広島県出身の同世代で、Perfumeで知られるアクタースクール広島(ASH)に通っていた。ASH時代はライバル的な立場にあり「ダンスの鞘師、歌の中元」と言われた関係だ。

その2人が時を経て同じステージに立ち、鞘師里保は海外で活躍するボーカリストに成長した中元すず香を目の当たりにして刺激を受け、一方で中元も彼女のダンスに目を見張ったことだろう。

10月11日には3rdアルバムMETAL GALAXY』を世界同時リリースするBABYMETAL。それに伴いワールドツアーMETAL GALAXY WORLD TOUR』を9月4日アメリカオーランド公演からスタート2020年3月1日ロシアモスクワ公演まで突っ走る。

11月16日・17日はさいたまスーパーアリーナ11月20日・21日は大阪城ホールで行う予定で、それぞれサポートダンサーを誰が務めるか気になる。

もし鞘師里保ヘッドセットマイクを付けて登場した時は、いよいよ正式メンバーになる日が近いのではないか。そうなれば「RIHOMETAL」を加えた3人体制でBABYMETALの新章突入といきたい。

画像は『BBC Radio 1 2019年7月1日TwitterBest bit of @BABYMETAL_JAPAN’s #Glastonbury2019 set?」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト