メイプル超合金カズレーザーが、相方の安藤なつやU字工事の2人と共に福岡へ向かったことをInstagramで報告した。この日は競輪場での営業だったようだが、現在お笑い界で話題になっているあのニュースを交えてコメントすると、「センスありすぎ」とフォロワーを笑わせていた。

6月30日に更新されたカズレーザーInstagramでは、営業先で一緒になったという4人の姿が投稿されている。U字工事になぞらえたのか、「F岡県のK留米に来ています」とアルファベットを用いて記し「K輪場は久しぶりです」と久留米競輪場のイベントに出演したという。

2組とも所属事務所は違うものの、現在お笑い界は吉本興業の所属芸人による“反社会勢力への闇営業”の話題で持ちきりとなっている。カズレーザーもそれを意識したのか、なぜか写真に写る4人は目元に太線が引かれ直立不動だ。「#話題のYみ営業ではありません」とアピールすると、「Yみ感が溢れでてますw」「目を隠す意味www」とフォロワーの笑いを呼び、「センスの塊!」「さすがです」とカズレーザーユーモアを称賛する声も見受けられた。

ちなみに同日、U字工事の福田薫が「何故か目を隠して撮影しました」と同じ並びの4ショットブログに公開している。しかし「明るい営業なんだから隠す必要ねーだろ!!という事で、あらためてパチリですね」とピースなどのポーズをとった4人の姿も披露していた。

芸人の中でも批判や擁護など賛否が渦巻いている“闇営業”問題だが、カズレーザーは上手く笑いに変え、そしてこの日のイベントは福田が言うように“明るい営業”だったようである。

画像は『カズレーザー 2019年6月30日Instagram「F岡県のK留米に来ています。」』『U字工事 福田薫 2019年6月30日付オフィシャルブログ久留米!の巻」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト