●公開ゲネプロ

 【日時】 2019年7月3日(水) 

     12時30分~15時30分 (途中休憩を含む。)
     16時00分~16時25分  (インタビュー取材)
       ※時間が前後する可能性がございます。

     12時10分より受付開始。
     12時10分より受付開始。
       ※それ以前はエレベーターが8階に止まりませんのでご注意下さい。

 【場所】 銀座 博品館劇場
       東京都中央区銀座8-8-11 8階
       ※表のエレベーターにて、8階までお越しください。


●詳細●
・作・演出 旺季志ずか×ゼネラルプロデューサー 竹腰紗智。
 旺季志ずか、竹腰紗智ともに取材可能です。

ゲネプロの写真は、ご要望を伺い、こちらからご提供させていただきます。

・お席のご用意がございますので、7月2日までにご連絡お待ちしております。

≪お問い合わせ先≫
一般社団法人 日本ライフエンターテインメント協会
担当者: 越道 明日香(コシミチ アスカ
TEL 080-1454-2231(越道 携帯)
メールアドレス info@life-entertainment.or.jp



●舞台概要●

このお芝居は、古事記日本書紀より以前に書かれたといわれる、”幻の書 ホツマツタエ”にインスピレーションを得た旺季志ずかが書き下ろした、新しい古事記の物語です。この物語の中核である縄文の女神・瀬織津姫は、古事記の中では、唯一の大祓の神様として描かれていますが、実は男性神であったアマテラスの妻であり、歴史の中で権力者によって隠されたとも言われています。その隠された瀬織津姫を見つけるために、この物語では、神さまたちの集団が人間の身体に入り、時空を超えて旅をしています。


瀬織津姫がいた縄文時代は、人々が分かち合いの精神で平和な時代が一万年も続いたそうです。
その瀬織津姫を探すこの物語は、日本人が忘れてしまった、大和の精神性を蘇らせるために一端を担うと自負しております。


古事記の名シーンを織り込みながら、ヒロインのふたりが夢へのチャレンジと恋を通して、「ほんとうの自分」を取り戻していくこのラブファンタジーは、従来の「観る」ミュージカルではなく、「体感型」ミュージカルとなっております。
ストーリーに夢中になり感動する中で、「ほんとうの自分」への目覚めを体験する、新しいミュージカル
ぜひ足をお運びください!



【作・演出 旺季志ずか /プロフィール
連続ドラマ「屋根裏の恋人」「女帝」「ストロベリーナイト」「特命係長 只野仁」「カラマーゾフの兄弟」など多くのヒットドラマの脚本を担当。エンタメ自己啓発というジャンルを確立した小説「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」はベストセラー。6000人のオーディションを勝ち抜き”吉本坂46アイドル活動を開始、芝居の作・演出をはじめ、多彩な分野での「表現」が多くの人に勇気を与えている。



ゼネラルプロデューサー 竹腰紗智 /プロフィール
2014年3月より活動名「Happy」にて、日々の心の在り方を綴るブログ「世界は自分で創る」にて作家・ブロガーとして活躍。圧倒的な支持を得ていたブログだったが、新しいチャレンジへの第一歩として、2018年12月ブログを閉鎖し、「Happy」改め、本名である「竹腰紗智」として新たなスタートを切る。現在は、イベント、ジュエリーなどのプロデュース業とともに、ダンサー、役者、歌手、DJなどアーティストとしても幅広く活躍中。



●公演情報●
【日時】 2019年7月3日(水) 18時
     2019年7月4日(木) 18時
     2019年7月5日(金) 13時30分~/ 18時
     2019年7月6日(土) 13時~  / 17時30分~
     2019年7月7日(日) 11時30分~/ 16時

【場所】 銀座 博品館劇場

【チケット料金】   S席 12,000円 A席 9,000円 B席 7,000円
※おかげさまで完売致しました。

CAST】 舞羽美海 ・ 江田恵 ・ 鯨井康介 ・ 宮原奨伍 ・ 小野妃香理 ・ 花戸祐介
砂山康之 ・ Mink ・ 竹原芳子 ・ 勝倉小百合Sachi。 ・ 岸千恵子
音河亜里奈 ・ コジマイサムKraus ・ 千葉絵未里 ・ 伊藤昭憲 ・ 村上舞那



【八葉役 舞羽美海/プロフィール
 2007年宝塚歌劇団に第93期生として入団後、2011年には雪組主演娘役に就任。2012年東京宝塚劇場公演『JIN-仁ー』『GOLD SPARK! -この一瞬を永遠に―』千穐楽をもって宝塚歌劇団を退団後、(株)松竹エンタテインメントに所属し、2014年映画『マザー』で初ヒロインに選ばれ、また2016年フジテレビ系ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』に出演など活躍の場を広げている。


 【ハヤヒ(ニギハヤヒ)役 鯨井康介プロフィール
 日本舞踊の師範である母親の影響で、4歳から日本舞踊(花柳流)を始め、2004年に国立劇場で女形に挑戦。2004年には、テレビアニメ『Get Ride!アムドライバー』の主人公ジェナス・ディラ役で声優デビューする。同年、同作品のオープニングテーマ「Ready?」でCDデビュー2005年舞台『ミュージカル・テニスの王子様』に海堂薫役で出演。舞台を中心にテレビドラマ、映画などで活動中。プロダクション尾木所属。




 ≪お問い合わせ先≫
  一般社団法人 日本ライフエンターテインメント協会
   担当者: 越道 明日香(コシミチ アスカ
   TEL 080-1454-2231(越道 携帯)
   メールアドレス info@life-entertainment.or.jp
   住所 〒164-0001 東京都中野区中野5-51-2-120

配信元企業:一般社団法人日本ライフエンターテインメント協会

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ