1試合2本塁打を放ったアスレチックス戦後、ウエスタン・スタイルで遠征に出発

アスレチックス 12-3 エンゼルス(日本時間1日・アナハイム

 6月30日(日本時間7月1日)に行われた本拠地アスレチックス戦で、今季初となる1試合2本塁打を放った大谷翔平投手。4回の第2打席では右手一本で右中間スタンドに運ぶ技ありの一打で11号ソロ、8回の第4打席では今季最長飛距離となる特大の12号ソロを放った。

 今季初、自身3度目となる1試合2本塁打を放ち、4打数2安打2本塁打としたこの日の大谷。エンゼルスは3-12の大差で敗れて3連敗となる中で、大谷の孤軍奮闘ぶりが際立った。6月は自身の月間最多を更新する9本塁打。今季は174打数52安打12本塁打35打点、打率.299とした。

 この試合、ファンを魅了した大谷だったが、試合後にもファンが喜ぶ場面があった。チームはこの日の試合後、1日(同2日)からのレンジャーズ戦に向けて敵地テキサスへの遠征に出発。西部劇の舞台となるテキサス遠征ということで、選手・関係者にはウエスタン・スタイルドレスコードが設定されていた。

 もちろん大谷も例外ではなく、白のシャツに黒のベストデニムパンツ、黒のカウボーイブーツという装いに、黒のウエスタンハットを着用。また、大谷の通訳を務める水原一平氏も、ウエスタスタイルとなり、茶色のウエスタンハットに赤のチェックシャツ、ブラックデニムという出で立ちで遠征に出発した。

 193センチの長身を誇る大谷の、めったに見られない“ウエスタン・スタイル”だが、全く違和感はなし。日本のファンからもtwitter上で「似合ってる」「かっこいい」「かっこよすぎる」と喝采の声が上がっており、おおむね好評のようだった。(Full-Count編集部)

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】