他国ではTroyBoi、Maceo Plex、Busy P、Kevin Saundersonらが出演。 グローバルと日本のカルチャーやファッション、アートが複合的に展開する3日間。

世界の都市を周遊する、<バドワイザー>のクロスカルチャーイベント
「BE A KING」をメッセージに、チャンスを掴もうとしている人を応援してきたプレミアムラガービールブランド<バドワイザー>。

その<バドワイザー>が2018年から開始し、今後輝ける才能を後押しすべく世界中で開催しているクロスカルチャーイベント<BUDX(バドエックス)>の東京開催が決定しました。
<BUDX>の東京版は他の都市同様<BUDXTOKYO(バドエックストウキョウ)>というネーミングが冠せられ、2019年8月29日(木)~31日(土)の3日間、CROSS DOCK HALL HARUMI(東京都中央区)で開催されます。
2019年の<BUDX>は、パリやホーチミン、ラゴス、ムンバイなど世界の都市を周遊しており、<BUDXTOKYO>はそれらに続く開催となります。東京の後はさらに、ヨハネスブルグやその他都市での実施も予定しています。

NIGHTタイムだけでなく、DAYプログラムにも注目
出演ラインナップは7月中旬~下旬にかけて順次発表予定

これまでの<BUDX>各都市のヘッドライナーには、世界でも活躍するアーティストラインナップされており、他国ではTroyBoi、MaceoPlex、Busy P、Kevin Saundersonらが登場。また、各カルチャーのアーティストトークセッションやエキシビションを行うDAYプログラムも実施しています。
<BUDXTOKYO>も、国内外のアーティストによるDAY/NIGHTのプログラムを充実させた、新しいクロスカルチャーのありかたを提示していきます。
<BUDXTOKYO>の第一弾ラインナップは7月中旬、第二弾ラインナップは7月下旬に発表予定となっています。チケットは応募&抽選形式で、他国同様入場は無料です。7月中旬のラインナップ発表に合わせ、入場申し込みを同時に開始予定です。

BUDX(バドエックス)とは
2018年からスタートした<BUDX(バドエックス)>は、がUK発のクラブカルチャーメディアmixmag』とタッグを組み、世界の主要都市において音楽や文化の面で突出した才能を開花させている人物にスポットライトを当てるグローバルなプロジェクトです。
2019年<BUDXはこれまでパリ、ムンバイ、ホーチミン、ラゴス、ムンバイなどで開催され、TroyBoiMaceoPlexBusy PKevin Saundersonらがヘッドライナーを務めてきました。
<BUDXTOKYO>ではこうした海外からのヘッドライナーをはじめ、東京のカルチャーを牽引するリーダーたちを世界に向けて紹介する準備を進めています。

<バドワイザー>ブランドの新しい取り組み
世界6大陸・約85カ国で愛飲され、世界を席巻する<バドワイザー>は、「BE A KINGブランドメッセージとして、チャンスを掴もうとしている人々を応援しているプレミアムラガービールブランドです。
国内における<バドワイザー>ブランドは、2019年1月からビールの世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブによる自社生産・自社販売体制に切り替わり、プレミアムラガービールとしてのクオリティを一段と実現出来る環境へと変化してまいりました
<バドワイザー>は現在日本でも大胆かつ新鮮なブランド活動をスタートしています。ファッションブランドとのコラボレーションをはじめ、音楽やアートなどの要素も取り入れ、<バドワイザー>を愛飲するユーザーの野⼼と自由を応援し続けています。
バドワイザー公式WEBサイト
https://budweiser.jp
Instagram
https://www.instagram.com/budweiser_jpn/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCwyptgjXrIPBoG49jHA0ZTw/about
Facebook
https://www.facebook.com/BudweiserJapan/
Twitter
https://twitter.com/budweiserjp

配信元企業:アンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ