セルフィーを撮る行為”のほうが、“サメに襲われる”よりも死亡率が高いという。    

インドジャーナル・オブ・ファミリーメディスン・アンド・プライマリー・ケアが最近行った調査によると、2011年10月から2017年11月の間に、サメに襲われて死亡した人は世界で50人だったのに対し、セルフィーを撮ろうとして死亡した人は259人にも上ったそうだ。

13億人以上の人口を誇るインドは、そのうち推定8億人が携帯電話を所持しており、セルフィーを撮りながら死亡した人はこれまで世界最多となる159人にも上っている。その4分の3は若者男性で、写真を撮ろうとした際に溺れたり、衝突、落下、発砲する事故が原因となっているそうだ。