photo by U.S. Missile Defense Agency via flickr (CC BY 2.0)

◆血税が使われるイージス・アショア日本配備は意味があるのか?
 昨年8月からこれまでに8回、イージス・アショア日本配備についてその欺瞞と無意味さ、そして重大な弊害を解説してきました。

“イージス・アショアは「無敵の超兵器」か「大いなる無駄」か?”
“ミサイル防衛の現実を踏まえれば、イージス・アショア導入以前にやるべきことがある”
“日本のMD強化に「THAADを排してイージス・アショア」という選択は正しいのか?”
“米軍迎撃シミュレーションから垣間見える、イージス・アショア日本配備計画の「不自然さ」”|HBOL
“「誰がためのイージス・アショアか?」配備地から導き出される、ある推論”|HBOL”
“秋田と萩へのイージス・アショア配備こそ、日本を逆に窮地に追い込む「平和ボケ」”
“朝鮮半島緊張緩和が進む中、日本の防衛政策はどこに向かうべきか?”
“安倍首相「家から通えるイージス・アショア」答弁の無知と詭弁と恐ろしさ”

 本連載を契機として、イージス・アショア日本配備は費用対効果の面でまったく無意味なだけでなく、迎撃対象が対ハワイICBM*と対グァムIRBMであり日本国内防衛には事実上無意味であること、対合衆国ICBMの早期警戒・迎撃システムであって、対日弾道弾防衛が目的ではないこと、そのために1兆円前後の日本市民のお金が浪費されること*が、軍事専門家や軍事ジャーナリストの間でも当然のことのように論じられるようになりました。また政党機関紙でも明言されはじめたと聞いております。
<*同じく在欧州合衆国軍防衛、合衆国本土早期警戒用の欧州展開イージス・アショアは、合衆国の費用で展開され、合衆国が運用する>

 更に私は、イージス・アショアは最優先の先制核攻撃対象となり、配備地の秋田市、萩市は複数の核弾道弾攻撃に見舞われ、さらに東京都心と立川市も先制核攻撃対象になるであろうこと指摘してきていますが、このことについても広く論じられるようになりつつあります。

*本記事は埋め込み地図などを使用しているため、一部配信先ではわかりにくい場合がございます。その際はHBOLにてご覧ください。

◆なぜ防衛省秋田県・市と住民を欺してきたのか?
 さて6月、防衛省による秋田での住民、自治体向け説明資料が誤ったものであった事が露見*し、ついに佐竹敬久秋田県知事による事実上の立地見直し・白紙化要求に至っています**。
<*”イージス・アショア配備 “秋田市が最適”その根拠が… – 特集ダイジェスト – ニュースウオッチ9 – NHK 2019/06/06“>
<**”秋田知事、防衛省の姿勢批判「貧乏県ならいいと馬鹿に」:朝日新聞 増田洋一 2019年6月29日” >

 ここで疑問です。秋田県青森県山形県には数多くの広大な国有地、国有林があります。合衆国ハワイ防衛専用弾道弾早期警戒・迎撃・追跡基地は、秋田県以外に適地はないにしても、なぜここまで秋田市に固執するのでしょうか

ハワイ防衛専用イージス・アショア配備検討19地点
イージス・アショア配備 “秋田市が最適”その根拠が… – 特集ダイジェスト – ニュースウオッチ9 – NHK|2019/06/06

 私には、そのことが不思議でなりません。なにしろこのような核抑止に関わる基地は、最優先で破壊工作や先制核攻撃の対象となります。防衛省という日本国防を司る国家機関の高級官僚が、例え同盟国の為とは言え、三十万人の秋田市民を先制核攻撃の脅威に差し出す理由が全く分からないのです。

 更に言えば、イージス・システムレーダーはきわめて強力で、人間や民生への悪影響が強く懸念されます。昨年、萩市の方から知らされた、電波暴露強度の計算式は、防衛省のものには、参考とされた電波監理局の用いる数式に謎の係数が加えられており、影響を示す数値が大きく引き下げられていました。住民からの問い合わせに電波監理局は、防衛省の用いる数式は誤りであると答えており、一方で防衛省機密を盾に係数の中身を開示しないとのことでした。一般的な数式に謎々係数を加えるのは、最もやってはいけないことであり、ペテンそのものです。

 秋田市の場合、国が建設を目論むハワイ防衛専用イージス・アショアは、秋田県庁から僅か700m程度であり、先制核攻撃によって秋田市は最低でも人口密集地が消滅するだけでなく、日常においてもきわめて強力な電波放射に晒される恐れがあります。

 日常的に強力な電波放射に晒されることの人体への影響は、科学的に未解明なところが多く、米軍では将兵にそれを避けさせてきています。またよく忘れられていますが、作戦時の艦隊において、艦艇同士の距離は数キロ離(最低でも1500m程度)離れています。また兵員は金属製の遮蔽体の中にいます。これがイージス・システムに限らず、強力な艦艇用レーダーを長年運用出来てきたことの前提条件です。

 秋田市の場合、問題となる東側のレーダー二面は、日本の弾道弾防衛には殆ど無用のものですが、防衛省は頑なにレーダー四面の配備と運用を譲りません。これも当たり前のことで、秋田配備のイージス・アショアは、ハワイの弾道弾防衛専用であって、そのための早期警戒・追跡レーダーですから、東側で30万人の秋田市民が生活していようと電波照射はハワイ防衛のために必須なのです。

ハワイ防衛専用イージス・アショア配備予定地である陸上自衛隊新屋演習場と秋田市の位置関係

 Googleマップを見れば一目瞭然ですが、西側が完全に開けており、東側の視界も良好であるため、秋田市から青森市にかけて通過する北朝鮮による対ハワイ弾道弾早期警戒には絶好の位置にあります。敷地境界から秋田県庁までは500m程度しかありません。日常的に秋田市全域がレーダーの発する強力な電波を浴びることになるわけです。また想定される先制核攻撃によって、秋田市は壊滅するという脅威が新たに生じるでしょう。

◆地図で検証! 秋田国家石油備蓄基地
 さてここで一例として、防衛省の報告書の中で有名となった男鹿市にある秋田国家石油備蓄基地を例としてみましょう。

国土地理院電子地形図による秋田国家石油備蓄基地周辺図

 一目瞭然ですが、西北西方向(ロシア側ウラジオストック方向)が標高700mの山塊に遮蔽されていますが、ざっと見て距離が8〜10kmあります。これですと三角関数tan(タンジェント)の逆関数atan(アークタンジェント)で仰角5°未満と簡単に分かります*。また、google street viewでも、西北西方向に遮蔽物がないことが分かります**。
<*逆関数に不慣れな方でも、カシオ計算機株式会社が公開しているサイトを使うと簡単に計算出来る>
<**google street viewによる秋田国家石油備蓄基地からみた西北西方向

 少なくとも弾道弾防衛において、ハワイ防衛専用の早期警戒レーダー兼迎撃基地としての機能を支障する地形ではありません。また、対日弾道弾防衛においても、道南、青森、秋田、山形、盛岡、宮城の防衛には何の支障もありません。一方で、本連載においてすでに論じてきたように、上記の領域以北、以南の防衛にはあまり役に立ちません

弾道ミサイルの軌道で検証!秋田配備イージス・アショア
 そこで基本中の基本に立ち返って大圏コースを描いてみましょう。弾道ミサイルの軌道をメルカトル図法の地図の上に直線で描く「兵器スペックだけ愛好家」=「カタログミリオタが相変わらずウヨウヨしていますが、それは南北を除き絶対にやってはいけないことです。当たり前ですが、大縮尺の地図の上で図をクルクル回すことは、「最大の禁忌」です。

 今回は、沼津高専が公開している「ウェブ地図で大圏航路を表示する (Leaflet版)」 を用いました。

東倉里射場からオアフ島までの弾道
ウェブ地図で大圏航路を表示する (Leaflet版)沼津高専による

東倉里射場からオアフ島までの弾道 日本上空の拡大
ウェブ地図で大圏航路を表示する (Leaflet版)沼津高専による

 図を見れば自明ですが、東倉里射場からオアフ島までの弾道は、弘前のやや南を通ります。北朝鮮(DPRK)の保有する火星14号の場合、概ね高度10001500kmまで上昇しますので日本上空では、まだ上昇段階である事を考慮しても秋田国家石油備蓄基地から見掛けで仰角80°以上を通過します。北北西でも仰角70°前後ありますので、仮に計算ミスの15°の視界支障があっても全く問題ありません。

 従って、秋田国家石油備蓄基地での視界支障は口実であって他の理由が考えられます。

◆中朝ICBMの軌道で更に検証!秋田配備イージス・アショア
1) 中国DF-31A ICBM早期警戒を考えている場合

 中国の移動式・サイロ固定式発射兼用ICBMであるDF-31Aは、その配備状況など詳細が知られていませんが、中国弾道弾戦力の聖地である内陸部を射点とした場合、秋田市を中心に山形から北海道道南の上空を通過します。

 この場合、高度は最高高度に近い1500km前後ですので、やはり多少の山があっても仰角60°以上に見えていますので、多少の山は関係ありません。

 なお中国のDF-31Aの場合、北朝鮮の火星14と異なりイージス・アショアのもつSM-3 Block IIでは迎撃できません。従って、早期警戒と追尾のみになり、そのデータによってSBD(洋上配備中間飛翔段階防衛)によって迎撃することとなります。この場合、合衆国の目であり耳である秋田イージスアショアは、DF-21A(MRBM準中距離弾道弾)による多弾頭先制核攻撃によって秋田市もろとも完全に蒸発することとなります。

 ここまで検討してきたように、秋田を中心に、山形から道南の日本海沿岸は、ハワイの弾道弾防衛にとって絶好の位置にあり、合衆国がもはや社交の下僕と化した日本政府にイージス・アショアの秋田配備を命令することは自明といえます。

中国内陸部からオアフ島までの弾道
DF-31Aの有効射程内で射点を選択すると、秋田市を中心に南北250km程度の帯を通過する。
ウェブ地図で大圏航路を表示する (Leaflet版)沼津高専による

2) 火星14に対する合衆国西海岸〜中西部防空の場合

 ここで火星14および将来の射程延伸型による合衆国本土攻撃を想定してみましょう。

北朝鮮から合衆国本土への火星14および発展型による弾道弾攻撃の軌道
pp2-15, Making Sense of Ballistic Missile Defense: An Assessment of Concepts and Systems for U.S. Boost-Phase Missile Defense in Comparison to Other Alternatives, 2012, National Academy of Sciences
(無償ダウンロードあり)
著者により一部加工(文字追加)

 ハワイ、グァム攻撃の弾道を例外として、東アジアから合衆国本土を攻撃する弾道弾の軌道は、ロシア極東部を通過します。赤い部分は、ロケットモーターの燃焼終了で迎撃に理想的なブーストフェーズは、加速の遅い液体燃料式の火星シリーズであっても北朝鮮ロシア沿岸に接近せねばならず、困難です。これが北極星シリーズの固体燃料ロケットになると、北朝鮮ロシア領内の陸上のみからの迎撃となり、不可能であることが分かります

 結果、合衆国本土防空は、秋田のイージス・アショアや青森の前方展開Xバンドレーダーからのデータリンクによってアラスカカリフォルニアに展開するGBD(地上配備中間飛翔段階防衛)や、ターミナルフェース防衛システムに頼ることになります。従って、秋田配備イージス・アショアは、中国およびロシア領内上空数百〜1600kmを監視出来ねばならないことになります。これは日本政府が、いまだ開発中のSSR(Solid States Radar固体素子電探)の導入に固執し、合衆国から高額の開発費をふっかけられている事とも符合します。
 勿論、まだできてもいないSSRですと、納期がいつになるか分かりません。一般にこの手の納期はずるずると遅れます。首無し戦闘機*ならぬ、レーダー無しイージス・アショアになりかねません。日本本土防空ならば現行のSPY-1レーダーで十分であり、SSRに比して圧倒的に安く、即納で、実戦証明済であるにもかかわらずです。
<*かつて帝国陸軍三式戦闘機「飛燕」(ひえん)は、たいへんに優秀な戦闘機であったが、高性能エンジンの製造が間に合わずエンジンのない首無し戦闘機が莫大な在庫となってしまった>

 結果、秋田国家石油備蓄基地は、西側から北西側の地平が山塊に支障されるために不適となります。これは、見通し角度だけでなく、電波反射による障害が予想されるためです。

 一方で秋田市新屋演習場は、完璧な監視哨となります。勿論、対米核抑止力を妨害する形となる秋田配備イージス・アショアは最大級の脅威と見做され、最優先で破壊工作と先制核攻撃がなされることとなります。

◆合衆国の「ジャケットマン」(人間防弾チョッキ)としての日本イージス・アショア
 これらは本来、洋上展開MDイージスで完璧に兼ねることができるわけで、日本にとって全く意味のないことです。むしろ、秋田は数十キロトン級の複数の核または数百キロトンの複数の核で焼き払われ、後者の場合は秋田市域全体が完全に無人となる脅威を抱えることとなります。萩のイージスアショアも同じく数十キロトン級の複数の核によって先制核攻撃される脅威を抱えることとなります。

 HBOLにて横田一氏が指摘するように*、一連のイージスアショア日本配備を巡る動きは、これは安倍政権、自民党と密着した関係にある合衆国のCSIS(戦略国際問題研究所)による” Shield of the Pacific: Japan as a Giant Aegis Destroyer, Thomas Karako, CSIS, May 23, 2018″ という発表文ときわめてよく一致します。
<*“イージス・アショアの秋田・山口配備は「米国の基地を守るため」!? | ハーバービジネスオンライン”横田一2019/06/28

 要は、日本を太平洋に浮かぶ巨大駆逐艦とし、ハワイ、グァム、東海岸といった弾道弾防御の手薄な地域の防御を鉄壁となす。日本にイージス・アショアを買わせることで、合衆国は10億ドル(1000億円)を節約出来る。というものです。

 これはまさに本連載第7回にて指摘した、日本を合衆国のレーダーピケット艦にすることになるという推測と完全に一致します。

 この部分を再掲します。

(再掲開始)
”軍事面では、現在日本は合衆国にとっての不沈空母からレーダーピケット艦に転落しています。それがイージス・アショア配備計画です。しかも日本のお金を使ってです。更に言えば、やっていることはレーダーピケット艦と言うよりは黒潮部隊*です。

 レーダピケット艦というのは、本隊を守って自らは真っ先に集中攻撃され大きな被害を受ける被害担当艦でもあって、要は捨て駒です。自ら1兆円前後のおカネを払い、平時には大出力レーダーによる民生への悪影響(公害)を出しつつ、いざとなると先制核攻撃で蒸発する。市民にとって得るものは何もありません。精々、カタログスペックは見事な「カッチョイイ」兵器に恍惚とすることくらいでしょう。

*特設監視艇……とは名ばかりで、第二次大戦中に日本はるか東の太平洋上で、合衆国艦隊や航空機を早期に発見する為の哨戒線に展開された魚船団。きわめて軽武装の木造徴用船で、敵艦隊、敵機を発見次第、無電で通報するが、ほぼ同時に嬲り殺しにされ、敵を発見すれば生還は不可能だった。徴用された漁船は400隻、最大で6000人の軍人(将校)と軍属(漁船員)が投入され、撃沈破7割以上、撃沈200隻余りにのぼる。将校の多くは商船学校などの学生や卒業生であり、徴用された漁船員は軍属として投入されたが、戦後の書類焼却によって数千から千数百人にのぼるとされる犠牲者数は今も明らかになっていない。”

(再掲ここまで)

 更に加えれば、安倍政権による当初の説明に反して1600億円とされたイージスアショアすでに6000億円超えで、最終的には1兆円を超えることは確実でしょう。そして日本は、最優先の先制核攻撃の対象となるのです。常識的に先制核攻撃の対象は、秋田市、萩、東京都心部、立川市といった弾道弾防衛の要と指令系統の中枢であろうと考えられます。他にも、前方展開Xバンドレーダーサイトが該当すると考えられます。 

◆爆誕、家畜人ヤプー
 およそ独立国の政府機関とは考えられない防衛省の破廉恥な行為は、これまでにも自民・公明両党による破廉恥行為と合わせて横田一氏がHBOLにて告発してきています。

“地元・秋田で演説した菅官房長官、イージス・アショア配備にはまったく触れず | ハーバービジネスオンライン” 横田一2019/07/01
“秋田市のイージスアショア配備予定地に津波対策の「かさ上げ」が必要と判明。防衛省の“意図的な隠蔽工作”か | ハーバービジネスオンライン”横田一2019/06/23
“町民の約半数が反対署名、「イージスアショア配備」山口県阿武町民の不安 | ハーバービジネスオンライン”横田一2019/05/14

 もはやここまで来ると防衛官僚と自民公明両党は、「家畜人ヤプー」(沼正三)そのものです。奇譚クラブでの連載開始から60年を経て、家畜人ヤプーが爆誕したといえます。

 秋田県知事の配備拒絶に対して「家畜人ヤプー」達は、「非国民」などと責め立てます*。果たしてそうでしょうか?次回は、家畜人ヤプーの狂奔についてとなります。また、ちょっぴり防衛官僚を擁護します。

*”「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに – 毎日新聞” 2019/06/24

『コロラド博士の「私はこの分野は専門外なのですが」』ミサイル防衛イージス・アショア9

<取材・文・撮影/牧田寛>

【牧田寛】

Twitter ID:@BB45_Colorado
まきた ひろし●著述家・工学博士。徳島大学助手を経て高知工科大学助教、元コロラド大学コロラドスプリングス校客員教授。勤務先大学との関係が著しく悪化し心身を痛めた後解雇。1年半の沈黙の後著述家として再起。本来の専門は、分子反応論、錯体化学、鉱物化学、ワイドギャップ半導体だが、原子力及び核、軍事については、独自に調査・取材を進めてきた。原発問題についてのメルマガ「コロラド博士メルマガ(定期便)」好評配信中

東倉里射場からオアフ島までの弾道 日本上空の拡大 <a href=”https://user.numazu-ct.ac.jp/~tsato/webmap/sphere/great-circle/” target=”_blank”>ウェブ地図で大圏航路を表示する (Leaflet版)沼津高専</a>による