「それでも夜は明ける」のスティーブ・マックイーン監督が手がける注目の新アンソロジーシリーズ「Small Axe(原題)」に、ジョン・ボイエガ(「スター・ウォーズシリーズ)とレティーシャ・ライト(「ブラックパンサー」)が主演することがわかった。英BBCドラマで、米アマゾンスタジオがすでにアメリカでの配信権を獲得している。

バラエティによれば、本作はマックイーン監督が長年温めてきた企画で、1960年代後半から80年代前半にかけての、ロンドンの西インド諸島系の人々が暮らすコミュニティが舞台になる。6パートのなかで、5つの異なるストーリーが描かれるとのこと。タイトルジャマイカことわざ「If you are the big tree, we are the small axe.(お前が大きな木なら、俺たちは小さな斧だ)」から引用されており、同名の曲がボブ・マーリー1973年アルバム「キャッチ・ア・ファイア」に収録されている。

原案は、マックイーン監督とアラステア・シドンズ、コートシャ・ニューランドで、脚本コンサルタントとして小説家アレックス・ウィートルが参加している。ロンドン出身のマックイーン監督は、「この物語は広く知られるべきだと思った。わたしの両親や西インド諸島の移民第一世代の人々がたどった人生を追体験してもう一度見つめ直し、きちんと理解したいと思った。彼らの歴史があって、今わたしは自分をブラックブリティッシュと呼べる。この物語で大切なことは、彼らがローカルの人々に囲まれながらも、グローバルに生きているということだ」と語っている。

「Small Axe(原題)」は、BBC1で2020年に放送の予定。

ジョン・ボイエガ&レティーシャ・ライト 写真:Shutterstock/アフロ