鈴木おさむ脚本、倉科カナ主演で2017年1月期にテレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠で放送された「奪い愛、冬」。登場人物たちの壮絶な“奪い合い”や、水野美紀演じる蘭の「うずくのぉ~!」「むしってやる!」といった強烈なセリフが大きな話題を振りまいた。放送から2年半が経った今月2日、そんな「奪い合い、冬」周辺でなにやら不穏な動きが…。ファンを「なになになに?」「え!まさか…続編やるの?」とザワつかせている。

【写真を見る】“監視を始めました。”不気味すぎるメッセージ!!その真意とは一体…?

■ 公式Twitterほかで謎の画像投稿

異変が起こったのは7月2日未明。「奪い愛、冬」公式Twitterアカウントが突如、「#監視日記」と赤い字で書かれたハッシュタグとともに、女性の目がこちらを覗いている不気味な画像を投稿した。

さらに異変は続いた。「奪い愛、冬」公式Twitterがティザー画像をアップしたのと同時刻、インターネットテレビ局AbemaTV」公式Twitterが「これを見てくださっている方に、伝えたいことがあります」「#監視日記」のメッセージとともに、同じ画像を公開。しかも、画像をクリックすると、Instagramアカウントに遷移する仕掛けつきだ。

“監視日記(自分だけ)”と名付けられたそのInstagramアカウントでは、「4時44分。目が覚めるといつもこの時間」「監視を始めました」といった謎のメッセージや、顔が見えない女性が包丁を研いでいたり、ひたすら紙に「愛」の文字を書き連ねる動画など不気味な投稿が現在も続けられている。

■ 「奪い愛、夏…?」憶測飛び交う

「奪い愛、冬」に関連するとみられる一連の不穏な動きに、ドラマファンからはさっそく反応が上がっている。SNSでは「なになになに?」「え!まさか…奪い愛、続編やるの?」「#監視日記怖すぎ!!」といった声でザワザワ。

ドラマ公式からの正式発表はまだ何もない。だが、公式Twitterで発信された画像がよく見ると「奪い愛、夏」と書かれているようにも見えることから「奪い愛、夏…!?」「奪い愛、夏本当にあるなら楽しみすぎる!!」と続編を期待する声、「蘭さんお帰りなさい!!」といった気の早い声まで上がる盛り上がりを見せている。

ドラマ「奪い愛、冬」は2017年1月期に放送された鈴木おさむの完全オリジナル作品。

デザイン会社勤務の池内光(倉科)、その婚約者・康太(三浦翔平)、光の元彼・森山(大谷亮平)、森山の妻・蘭(水野美紀)らが、奪い合う恋愛=“奪い愛”によって変貌していく姿を描く、ドロドロしているけどキュンとする“ドロキュン”恋愛ドラマとして話題を呼んでいた。(ザテレビジョン

「奪い愛、冬」の公式SNSなどに投下された謎のティザー画像