Ys Netの「シェンムーIII」のPC版が,クラウドファンディングキャンペーンの際に約束されていたSteamではなく,Epic Games Storeの時限独占タイトルとなったことが消費者の間で議論を呼んでいる。Ys Netの対応については,本日(2019年7月3日)掲載した記事でも紹介したとおりだが,Epic GamesのCEOであるティム・スウィーニー(Tim Sweeney)氏もTwitterコメントを発表した。

Epic is funding the cost of all Kickstarter refunds resulting from Shenmue III’s move to the Epic Games store, so that refunds won’t reduce Ys Net’s development funding. https://t.co/mSGdbzYPJ5

— Tim Sweeney (@TimSweeneyEpic) 2019年7月2日
 イギリスゲームメディアであるPC Gamerのレポート記事についてツイートする形でスウィーニー氏は,「シェンムーIIIEpic Games Storeの独占タイトルになったことでバッカーに返金を求められた場合,Epic Gamesがそのコストを負担する。これは,Ys Netの開発資金の減少を避けるためだ」と述べている。

 「シェンムーIII」と同様,Snapshot Gamesストラテジー「Phoenix Point」も,クラウドファンディングキャンペーンで「Steamでの配信」を約束していたことから批判を受けているが,スウィーニー氏はさらに,「今後,ほかのサービスでの配信を約束していたタイトルEpic Games Store独占になった場合,バッカーに対してキーの配布を事前に行う時間を設けるか,提携発表時に返金の受付を行う」とも述べている。独占契約を維持しつつ開発者の負担を軽減し,バッカーになったゲーマーにも配慮しようというわけだが,今後も独占タイトルを求めていく姿勢はくずしていない。

 2019年1月にスタートしたEpic Games Storeは,厳選されたラインナップによる分かりやすいストアフロントと,パブリッシャ/デベロッパ側の利益配分を88%にするという魅力的なサービスを展開中だ。とはいえ,コミュニティ関連のシステムを持たず,タイトル数の少なさから価格が比較的高めにキープされているため,独占タイトル以外に価値を見いだせないゲーマーも少なくないという。
 消費者の購入先が増えるのは良いことだが,PCゲーム市場に「プラットフォーム戦争」をもたらすことに対する批判もあり,最近では,Epic Gamesの独占タイトルが発表されるたびにネットが炎上するという状況も見られる。Epic Gamesは今後も,微妙な舵取りが求められそうだ。

リンクEpic Games Store公式サイト


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/305/G030593/20190703043/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
・PC シェンムーIII
PS4 シェンムーIII

―――――――――――――――――――――――――――――
Original Game(C)SEGA (C)Ys Net
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

Epic Gamesのティム・スウィーニー氏が,Epic Games Store独占タイトルについてのコメントを発表