SFアクション映画『UPGRADE』が『アップグレード』の邦題で10月11日(金)から公開されることが決定した。

アップグレード』は、『ゲットアウト』、『セッション』、『ブラッククランズマン』、『パラノーマルアクティビティ』シリーズ、『インシディアスシリーズ、『ハロウィン』などのジェイソン・ブラムが製作、『ソウ』シリーズの脚本・出演で知られるリー・ワネルが監督・脚本を手掛ける映画。2018年のサウス・バイ・サウスウエストのミッドナイターズ部門や、第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭オフィシャルファンタスティック・コンペティション部門で観客賞を受賞し、米批評家サイト・Rotten Tomatoesで87%フレッシュの評価を獲得した作品だ。

本作で描かれるのは、謎の組織によって妻を殺され、自身も全身麻痺となった男=グレイ・トレイスの復讐劇。グレイは、巨大企業の科学者によって実験的にAI(人工知能チップを脊椎に埋め込まれ、麻痺を克服。そして、AI“STEM”と脳内で会話し、人間を超越した身体能力で組織に挑んでいく。


主人公グレイ・トレイスを演じるのは、『スパイダーマンホームカミング』でヴィランのひとり“ショッカー”を演じたローガンマーシャルグリーン。肉体を“アップグレード”された異色のヒーローとして、どんな活躍を見せるのか。

アップグレード』は10月11日(金)より渋谷シネクイント、新宿シネマカリテほか全国公開。