スライディングキャッチ→二塁へ片膝をつけ回転スローで併殺完成のスーパープレー

メッツ 4-2 ヤンキース(日本時間3日・ニューヨーク

 ヤンキースグレイバー・トーレス内野手が2日(日本時間3日)。敵地でのメッツ戦でスライディングキャッチからの回転スローで併殺を奪う超美技を炸裂させた。接戦となったサブウェイシリーズトーレスが見せたプレーファンは称賛の声を上げている。

 ヤンキース2点リードで迎えた2回。1死一、二塁の場面でメッツコンフォートが放った打球は一、二塁間へ。二塁手トーレスはスライディングキャッチでボールを掴むと、そのまま片膝をつけて二塁へ回転スロー。二塁ベースに入った遊撃グレゴリアスが一塁へ送球し併殺を完成させた。

 MLB公式インスタグラムは「オーマイ、グレイバー」とコメントを添え、トーレスの超美技併殺を動画で公開した。

これはすごい!」

「とんでもないダブルプレー!」

スムーズ

ナイス

「この男がオールスターじゃないなんて」

「とてもクリーン

「オーマイゴッド

「エグい」

美しい

 試合は終盤に逆転を許しヤンキース2-4で敗れ、連勝が5でストップ。それでもファントーレスが見せた華麗なプレーを絶賛していた。(Full-Count編集部)

ヤンキースのグレイバー・トーレス【写真:Getty Images】