水瀬いのりが、4月にリリースしたばかりの3rdアルバムCatch the Rainbow!」を引っ提げて行ったライブツアー。大阪、愛知と回ってきたツアーは全日程SOLD OUT。ツアーファイナルとなる6月28日、29日の日本武道館公演では、各日約9,000人、2日間で計約18,000人を動員した。初の日本武道館、初の2days公演という“初”尽くしのステージの、最終日を中心としたオフィシャルレポートをお届けする。

【詳細】他の写真はこちら

ツアータイトルの“Rainbow”にちなみ7人の水瀬いのりが次々に現れるオープニングムービーが流れた後、アルバムの1曲目も飾った「Step Up!」の疾走感溢れるイントロとともに、ステージ二階より赤いミニドレスに身を包んだ水瀬が登場。武道館を埋め尽くす満員のオーディエンスからは、割れんばかりの歓声で迎えられた。ステージ上にはLEDバーがいくつも設置され、楽曲の世界観を美しく彩っていく。「ピュアフレーム」では、客席の隅々まで手を振りながら笑顔を弾けさせた。更に、早くもライブでのマストチューン「Ready Steady Go!」が繰り出されると、会場のボルテージは一気に上昇!水瀬の「回して!」の合図で、7色のタオルによって日本武道館に虹が掛けられていく。

日本武道館2日目、そしてツアーファイナルへようこそーー!!」と叫び、この日を迎えられた喜びをにじませる水瀬。「皆さんに届けるように歌います!皆さんも、私やバンドの皆さんを射抜くような声援を送ってください!」という投げかけに、観客も大きな声で応える。

そして、前回のツアーBLUE COMPASS」に引き続き、今回も随所に水瀬のダンス姿を見ることのできるシーンも。「Kitty Cat Adventure」では、子猫のようなポーズでかわいさ全開のダンスを披露。ライブだからこそ見られるレアな姿に、会場中が魅了されていた。

ファンの間ではすっかりお馴染みとなった“いのりバンド“のメンバー紹介の後、夏らしい水色と青のワンピースツインテールというキュートスタイルで現れた水瀬。メイクをしたりハートマークを作ったりと女の子らしい振り付けが印象的な「コイセヨオトメ」、ポップエレクトリックダンスナンバー「Future Seeker」と、ここでも歌と踊りで会場を盛り上げた。

ココロMerry-Go-Round」では、「会場の皆さんと一緒に魔法をかけたいと思います!」と言って、日本武道館に光のウェーブを巻き起こしていく。続いて、「君色プロローグ」、「水彩メモリー」という二つの恋の歌を、時に切ない表情も見せながら情感たっぷりに歌い上げた。

また、ライブの楽しみの1つでもある幕間のショートムービーだが、今回は水瀬が公演ごとに異なるミッションに挑戦。見事(?)すべてのチャレンジクリア、更にサプライズとしてドライブ姿が初披露され、ファンからは喜びの声が湧き上がる。

そしてライブは後半戦へ。ショート丈のトップスにタイトなダメージパンツというクールな出で立ちと、レーザーをふんだんに使用した演出で、ライブの空気がガラリと変化する。「約束のアステリズム」のシンガロングで会場の一体が高まり、続け様に披露された「brave climber」「Will」ではマイクスタンドを用いたパフォーマンスを魅せる。

力強いメッセージソング「今を僕らしく生きてくために」を歌い終えると、突如、ステージ後方に12名のストリングス隊が登場!「夢だった!」というストリングスとの共演を叶え、総勢18名により演奏される「TRUST IN ETERNITY」。白いドレスに早替えした水瀬は、ステージ上高さ5mのリフターに乗り、凛とした力強さで歌い上げた。続くライブ定番曲「Starry Wish」で圧巻のパフォーマンスを魅せ、しっとりとしたミディアムテンポの「My Graffiti」では、7色のライトが白いドレスを照らし出す。

「自分の活動がこんなに素敵な日に繋がっているなんて、思ってもいなかったです。私が頑張れるのは皆さんのおかげだと思っています。いつも支えてくれて、応援してくれて、本当にありがとう!」と感謝の気持ちを語り、ラストに披露されたのは「harmony ribbon」。水瀬の想いへ応えるように精一杯声を上げるファンに、思わず感極まってしまう場面も。ピンクリボンがひらひらと舞う中、武道館全体が一つになり温かなハーモニーが奏でられた。

客席からの熱い「いのりん!」コールに応え再び水瀬が登場。「Dreaming Girls」「Million Futures」といったアッパーチューンが飛び出し、会場の熱気は最高潮に。

「最後はみんなで一つになって、しあわせな虹をキャッチしましょう!」と言って披露されたのは、ファンや支えてくれる人への想いを綴った自身初めての作詞曲「Catch the Rainbow!」。客席の電気が点灯し、ファン1人1人の表情を見渡しながら、ステージ上を涙と笑顔いっぱいに駆けまわった。武道館中が虹色の光に包まれ、ライブ大団円を迎えたかと思ったが、ファンの声援はまだまだ鳴り止まない。もう一度ステージに戻ってきた水瀬から、嬉しいお知らせが!

ファンクラブイベントの開催と8枚目となるニューシングルの発売が決定!シングルの表題曲は、2020年1月より放送のTVアニメソマリと森の神様」のエンディングテーマとなる。本作にて水瀬が主演を務めることも既に発表されており、ファンにとっては二重の楽しみとなったことだろう。

3都市4公演を巡ってきたライブツアーの締めくくりには、水瀬の原点であるデビュー曲「夢のつぼみ」を披露。「これからもみんなに会いに行けるようにもっともっと頑張るので、みんなも絶対、また私と同じ時間を過ごしてください!約束ですよーーー!!」と熱い思いを叫び、全22曲を歌い上げたステージは幕を閉じた。

なおリスアニ!WEBでは後日、編集部による独自レポートも掲載予定なのでそちらもお楽しみに。

PHOTOGRAPHY BY 加藤アラタ、堀内彩香

animelo mix presents Inori Minase LIVE TOUR 2019 Catch the Rainbow
6月29日(土)日本武道館公演 セットリスト

01. Step Up!
02. ピュアフレーム
03. Ready Steady Go!
04. Kitty Cat Adventure
05. Wonder Caravan
06. コイセヨオトメ
07. ココロMerry-Go-Round
08. Future Seeker
09. 君色プロローグ
10. 水彩メモリー
11. 約束のアステリズム
12. brave climber
13. Will
14. 今を僕らしく生きてくために
15. TRUST IN ETERNITY
16. Starry Wish
17. My Graffiti
18. harmony ribbon
ENCORE
19. Dreaming Girls
20. Million Futures
21. Catch the Rainbow
<W/ENCORE
22. 夢のつぼみ

タイアップ情報
TVアニメソマリと森の神様

EDテーマを担当することが決定!
ソマリ役:水瀬いのり
ゴーレム役:小野大輔
原作:『ソマリと森の神様』暮石ヤコ
(「WEBコミックぜにょん」連載/ノース・スターズ・ピクチャーズ
監督:安田賢司
キャラクターデザイン伊藤郁子
アニメーション制作: サテライト
あらすじ
地上は異類異形の人外たちが支配する世界。人間は迫害され、絶滅の危機に瀕していた。
そんなある日、森の番人である「ゴーレム」とひとりの人間の少女が出会う。滅びゆく種族「人間」と森の番人ゴーレムの父娘の絆を綴った旅の記録。

(C)暮石ヤコ/ソマリと森の神様プロジェクト,mixer

リリース情報
水瀬いのり 3rd ALBUM
Catch the Rainbow!』
発売中

初回限定盤(CD+BD)】

品番:KICS-93785
価格:¥3,600+税
初回限定盤特典:特製BOX、別冊40Pフォトブック
封入特典:特製トレカ

【通常盤】

品番:KICS-3785
価格:¥3,000+税
初回封入特典:特製トレカ

<CD>
01. Step Up!
02. ココロMerry-Go-Round
03. Kitty Cat Adventure
04. Wonder Caravan!(TVアニメえんどろ~!』EDテーマ
05. 今を僕らしく生きてくために
06. 約束のアステリズム
07. Future Seeker
08. brave climber
09. TRUST IN ETERNITY(スマートフォンゲーム『ゲシュタルトオーディン』主題歌)
10. 水彩メモリー
11. My Graffiti
12. Catch the Rainbow

<BD>
MUSIC VIDEO
01. TRUST IN ETERNITY
02. Wonder Caravan
03. Catch the Rainbow

水瀬いのり 初の初のミュージッククリップ
Inori Minase MUSIC CLIP BOX」

発売中

品番:KIXM-379
価格:¥4,000+税
初回特典:特製BOX、特製トレカ
映像特典:「まっすぐに、トウメイに。」(original ver.)/(anime ver.)
メイキング映像集、TV-CM集

関連リンク
水瀬いのりオフィシャルサイト
リスアニ!

掲載:M-ON! Press