8月25日(日)までの期間、群馬県たんばらラベンダーパークオープンする。7月~8月の最高気温平均25℃、標高1,300mの避暑地である、たんばら高原。都内からのアクセスも良く、夏休みシーズンに人気のスポットだ。

【写真を見る】ラベンダーと様々な花の共演を鑑賞することができる

開花の見頃は、7月中旬から8月中旬で、同パークには5万株のラベンダーが美しく咲き誇る。エントランスから大展望台まで、スポット別に花の種類や咲き具合も異なるので、変化を楽しみながら散策するのもおすすめ。また、今年も名物であるラベンダーソフトの販売が行われる。

さらに期間中、「花」テーマにした「たんばら花のキルト展」を開催。国内外キルトコンテストの上位受賞作品を含む大小約50作品が展示される。その他、森に癒されるラベンダーパークヨガやシンセサイザーコンサートケーナコンサートも開催され、会場を盛り上げる。フォトジェニックなスポットとして、さらに注目を集めるたんばらラベンダーパーク。東京から車で約2時間なので、休日はカップルや家族で訪れてみよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

5万株のラベンダーが咲き誇る、たんばらラベンダーパークがオープン