俳優のジョニー・デップが元妻で女優のアンバー・ハードを相手に起こしている名誉毀損の訴訟で、新たな局面を迎えそうだ。ジョニー側は俳優のジェームズフランコを証人として召喚するという。The Blastが報じた。

【写真】自身も共演女優に過去の暴力を告発された「ジェームズ・フランコ」フォトギャラリー

 ジョニーは彼に家庭内暴力(DV)を振るわれたとするアンバーの主張を“事実無根”とし、アンバーに対して名誉毀損による損害賠償5000万ドル(約53億5000万円)を請求している。この裁判ではDVが本当にあったか否かが焦点となるが、ジョニー側はアンバーがジョニーに暴力を受けたとする2016年5月21日の翌日の監視カメラ映像を入手。当時2人が住んでいた高級アパートエレベーターの監視カメラ映像にアンバーとジェームズが映っていたことから、ジェームズを召喚して証言させる予定だという。

 ジョニーの弁護人であるアダム・ウォルドマン氏はThe Blastに対し、ジェームズに加えアンバーの元交際相手であるイーロンマスク氏を召喚する考えがあることを認めている。ジェームズマスク氏は問題の5月21日から、アンバーが顔に“あざのメイク”をして裁判所からジョニーに対する接近禁止命令を獲得した5月27日までに、アンバーの顔を見ている証拠があるとしている。

 監視カメラの映像では、カメラに顔が映らないようにうつむいているジェームズとアンバーの姿が。果たしてジェームズは泥沼裁判で証言することになるのか。アンバーとどんな会話をしたのかも気になるところだ。

仲睦まじかった頃のアンバー・ハード&ジョニー・デップ(C)Zeta Image