7月6日(土)放送の「SONGS」(夜11:00-11:30、NHK総合)に、サカナクションが6年ぶりに出演。同じ北海道出身のボーカル・山口一郎と、番組責任者・大泉洋の対談が実現する。

【写真を見る】大泉洋と山口一郎は仲が良いのか悪いのか分からないやりとりを繰り広げる

番組では、これまでことあるごとに互いをなじり合い、衝突し合ってきた2人が、仲がいいのか悪いのか分からないやりとりを繰り広げる。

山口のいま思う北海道と東京の物理的・心象的な距離感や、当初4月発売とアナウンスされていたアルバムの発売が2カ月延期になった実情。

そして歌詞作りで悩んでいた時に恩人である松任谷由実からかけられた言葉など、山口の本音が明らかになる。

スペシャルライブでは、700人のファンを前に6年ぶりに発売されたアルバム『834.194』から3曲を披露。

映画「バクマン。」(2015年)の主題歌としてヒットした「新宝島」や、当時の自らの心情を表現したという「グッドバイ」、1980年代アダルトオリエテッドロック(AOR)をリスペクトしたという「忘れられないの」をパフォーマンスする。(ザテレビジョン

サカナクションが「SONGS」に登場!