●マツダ6だけじゃない、マイナーチェンジで車名変更を行なっていたクルマたち

2019年7月4日マツダフラッグシップモデルであるマツダ・アテンザに、CX-5やCX-8にも搭載されている2.5L直4ターボエンジンを搭載すると発表されました。同時にマツダブランドをより鮮明にするため、車名を「マツダ6」へと変更されました。発売は8月1日から開始される予定です。

詳細画像はこちら

先日、発売されたマツダ3(旧車名アクセラ)をはじめ、スープラ(旧車名セリカXX)、シルフィ(旧車名ブルーバードシルフィ)、シャトル(旧車名フィットシャトル)など、フルモデルチェンジを機に車名を変更することは多いですが、マイナーチェンジで車名を変更することはめずらしいと思われます。

そこで、過去にマイナーチェンジや一部改良で車名を変更した車種を探してみました。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

2018年ミニバンの新車販売台数No.1に輝いた日産セレナ。実は人気モデルセレナマイナーチェンジで車名を変更していました。セレナは元々「バネットセレナ」という車名で初代モデル1991年6月に登場。1994年5月に行われたマイナーチェンジで内外装の変更を行うと同時に、車名を日産セレナへと変更しました。このセレナエンジンを運転席の下に搭載するキャブオーバータイプで、後輪駆動を採用していました。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

また、両側リアスライドドアをいち早く採用した5ナンバサイズミニバン、プレーリーをルーツとする1998年11月に登場した「プレーリーリバティ」もマイナーチェンジで「リバティ」へと車名を変更した車種です。プレーリーは2代目ではプレーリージョイ、そして3代目ではプレーリーリバティと車名を変更しました。そして2001年マイナーチェンジの際にプレーリーがなくなり、リバティとなっています。5ナンバサイズでリアスライドドアを採用した利便性の高さでスマッシュヒットしたリバティは2004年に生産終了し、ラフェスタへとスイッチしました。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

LLサイズミニバンブームを築いた初代エルグランドも実はマイナーチェンジで車名を変更していたのをご存じでしょうか。1997年に登場した初代エルグランドは販売チャネルの関係でキャラバンエルグランドホーミーエルグランドが存在していました。見分け方はフロントエンブレムの色とリアのエンブレムでした。1999年8月に行われたマイナーチェンジディーゼルエンジンを搭載されると同時に車名がエルグランドに統一され、フロントのエンブレムの色が白に統一されました。

日産のミニバンが3車種続きましたが、そのほかのメーカーも見てみましょう。トヨタでは、1996年に登場したミドルアイズセダンステーションワゴンのカムリグラシア1999年マイナーチェンジ後、ステーションワゴンはカムリグラシアネーミングのままですが、セダンカムリへと変更されました。

詳細画像はこちら

スバルでは現在、アウトバックとなっているクロスオーバーSUVマイナーチェンジ時に車名変更がありました。1995年8月にレガシィの派生モデルとして、ロードクリアランスを200mmに高めて悪路走破性を高めたグランドワゴンが追加されました。しかし、1997年マイナーチェンジランカスターと名称を変更しています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

最後はスズキです。現在、コンパクトハイトワゴンでスマッシュヒットを飛ばしているソリオ。そのルーツとなるモデルマイナーチェンジや一部改良で車名変更していました。1999年5月に登場したワゴンR+(プラス)は2000年12月の一部改良でワゴンRソリオに変更されました。さらに2005年の一部改良ではワゴンRが外れてソリオへと変更されています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

そして現行モデルが大ヒットしているジムニーシエラは、1998年1月に発売された先代モデルジムニーワイドとして登場しましたが、2000年4月に以前採用されていたジムニーシエラに戻しています。こうして見ると、1990年代後半から2000年代初頭にかけてはマイナーチェンジや一部改良でシレッと車名変更は行われていたようですね。

(萩原文博)

【関連記事】

【新車】マツダ・アテンザMAZDA6に改名。痛快な走りが魅力の2.5Lガソリンターボを追加
https://clicccar.com/2019/07/04/875166/

マイナーチェンジでシレッと車名を変えていた7車種【マツダ6への車名変更記念!?】(http://clicccar.com/2019/07/04/875141/)