6月18日ジャニーズ事務所ジャニー喜多川社長が都内の病院に緊急搬送された件で、同社は今月1日、「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」で入院していることを公表。それによって、事務所内は慌ただしくなっているという。

 「ジャニー氏が回復しても、以前のように現場の“指揮”を執るのは難しいのではと言われている。そこで、負担を減らすため、名誉職のような会長のポストを与え、ジャニー氏の姉・メリー喜多川副社長の娘で、すでに後継者に内定している藤島ジュリー景子副社長の社長就任発表が近々ありそうだ」(テレビ局関係者)

 一部週刊誌などでは、新体制に移行した場合、複数の所属タレント事務所を退所する可能性が濃厚なことが報じられているが、最も注目されるのが元SMAP中居正広の動向だというのだ。

 「ジャニー氏の搬送の連絡を受け、真っ先に搬送先に駆けつけたと言われているのが中居。“育ての親”であるジャニー氏には人一倍愛情を抱いているが、愛すべきSMAPを解散に追い込んだメリージュリー親子には何の義理もない。そのため、真っ先に退所を表明するのでは」(芸能記者)

 元SMAPといえば、ジャニーズを退所した稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾マネジメントを元SMAPチーフマネジャーだった飯島三智氏が担当。いまだに民放キー局からはお呼びがかからないものの、ジャニーズ時代以上に活動は順調。となると、中居も3人に合流するのが自然な流れとみられていたのだが…。

 「3人との共演をジャニーズの幹部に訴えていると言われる中居。自分が合流すると、ジャニーズが露骨に圧力をかけるのではと危惧しています。そのため、懇意の芸能プロ関係者に自分の“受け皿”となる個人事務所の設立を相談。自分はそこに所属して、あくまでもフリーの立場で3人と一緒に仕事をする意向のようです」(芸能プロ関係者)

 周囲の人間関係に配慮した未来図を描いているようだ。

画像はイメージです