女優の水野美紀が、AbemaTVにて8月8日スタートするドラマ『奪い愛、夏』(毎週木曜23時、全8回)で主演を務めることが発表された。俳優の小池徹平と女優の松本まりかも共演し、危険な愛のトライアングルに挑むクレイジー“狂愛”ドラマとなる。

【写真】『奪い愛、夏』フォトギャラリー

 倉科カナ主演、水野の共演によりテレビ朝日系2017年1~3月に放送され、『ここにいるよー』のせりふやドロドロの愛憎劇で話題となったドラマ『奪い愛、冬』と同様、鈴木おさむが脚本を担当。全く新しいオリジナル版として放送する。

 「1億円で私と結婚しなさい!!」―。敏腕女社長・花園桜(水野)からの突然の提案。だが桐山椿(小池)には同じ広報部に勤める彼女・空野杏(松本)がいた。桜のしつこい監視の目をくぐり抜けながら彼女との逢瀬を重ねるも、その関係に気づいた桜が、とんでもない行動を取り始める…という内容から、ストーリーは展開していく。

 脚本を務める鈴木は「水野美紀さんの究極の怪演が戻ってきます! しかも地上波ではないので、ずっとトップスピード、真夏のLOVEホラーです! 毎回、お化け屋敷に入るつもりで見てください! そして『ここにいるよー』も爆発します。本当におもしろいです! 一夏の激しい興奮を!」とコメントしている。

 主演の水野は「またあの怪演が出来ると思って、とても嬉しかったです。この調子で『奪い愛』シリーズは、永遠にシリーズ化できそうだし、していきたいなと思います(笑)」と意気込む。役どころについては「私の演じる主人公“桜”の印象は、まさに『狂女』です。この世にいたら、絶対に関わりたくない女性ですが(笑)脚本を読んだ瞬間から桜のインスピレーションが頭に浮かび、初回から絶好調で役が仕上がっています」と話す。

 共演の小池は「僕の役の“椿”には共感はしにくいですが(笑)、固定概念なく演技を楽しんだもの勝ちだと思いましたし、おさむさんにも『真面目にやるというより、楽しんでね』と言われたので、全部全力で受け止めてやってみよう!と思いました」としている。松本も「ロミジュリの様に危険な恋愛にドキドキし、ホラーに震え、極限状態で笑うしかないところで何故か涙が止まらない、そんなこの夏一番のカオスで刺激的なドラマになるんじゃないかなと思っています」とメッセージを寄せている。

 ドラマ『奪い愛、夏』はAbemaTVにて8月8日より毎週木曜23時放送。

ドラマ『奪い愛、夏』キービジュアル(C)AbemaTV