ここのところ球界は“サウスポー問題”で喧々諤々だ。発端は7月1日中日ドラゴンズ私設応援団によるツイートである。

 “【重要なお知らせ】この度、当団体で使用している「サウスポー」について、チームより不適切なフレーズがあるというご指摘を受けました。この件について球団と協議した結果、当面の間「サウスポー」の使用は自粛させて頂くこととなりました。
皆様には何卒ご理解、ご協力の程宜しくお願い致します。”
中日ドラゴンズ応援団 @dragonsouendan

 要はチャンステーマ『サウスポー』の歌詞に球団からクレームがついたため自粛するという話で、「お前が打たなきゃ誰が打つ」の「お前」というフレーズを以前から疑問視していた与田剛監督が球団に相談。応援団に伝えられ自粛に至ったという経緯。ずっと親しまれてきたこの応援歌に愛着を持つ中日ファンは当然猛反発。他球団ファンにも広がり、ワイドショーまで取り上げるトピックスになった。

「他球団にも“お前”が嫌だという意見がある」

 騒ぎを憂慮した与田監督は「“お前”より名前がいい」「他球団にも“お前”が嫌だという意見がある」と真意を説明。また「自粛して欲しいのではない。辞めろとは一言も言っていない」と呼びかけた。ちなみに選手の多くは「お前」を不快に感じておらず、大島洋平は「全然気にしていなかった。そんなこと考えたこともなかった」。高橋周平は「(お前でも名前でも)どっちでもいい。気にしてない」とコメントしている。

 騒ぎが大きくなったのは「『お前』を子どもたちが歌うのは教育上良くないのでは」という与田監督(が述べたとされる)の指摘と、初期段階で球団が一方的に自粛を求めた印象を与えた点だろう。小学生だって「お前」や名前の呼び捨て、命令形の応援が「そういう様式」であることは百も承知だろうし、選手を目の前にして「お前」と言うはずもない。もし目の前の選手を呼び捨てにでもしたら当の選手や周りの大人が諭せばいいだけのことだ。「子どもの教育」を盾にされると「球場は教育の場じゃないでしょ」と反論したくもなる。あくまで推測だが、与田監督が何の気なしに言った事に球団が過敏に反応してしまったのではないか。

相手チームを揶揄するのがデフォルトだったあの頃

 今回の件に関して「“お前”より相手チームを揶揄する応援の方が問題」という意見もあるが、組織的な応援が一般的になり始めた1980年代はどの応援団も自チームを応援すると同時に相手チームを攻撃し、揶揄するのがデフォルトだった。また1970年代80年代にかけて数多くリリースされた各球団の応援歌もやたらと攻撃的だったり、今の感覚ではあり得ない歌詞がナチュラルに混ざっていて当時の時代背景が色濃く感じられる。今回の応援歌騒動を機にツイッター上でハッシュタグ「#不適切な応援歌フレーズ」が立ち、皮肉やこじつけのオンパレードで半ば大喜利合戦になっているが、筆者もそこに乗っかる形で過去の応援歌の歌詞をアップしたので軽く振り返ってみたい。

『燃えよガッツドラゴンズ
ハーイ! イチコロジャイアン
ハーイ! さよならタイガース
ハーイ! おしまいスワローズ
ハーイ! カープもひとひねり

 おなじみ『燃えよドラゴンズ!』と混同しそうになるが、それもそのはずで唄が板東英二 、作詞作曲が山本正之と『燃えドラ』と同じ。しかもメロディーも似ているというややこしい昭和51年発売の応援歌。その7番の歌詞は「イチコロ」「おしまい」「ひとひねり」となかなか好戦的。そして大洋ホエールズに対する言及は一切なし! 不適切を越えてもはやイジメである。

『ゴーゴーカープ
♪巨人阪神ぶっつぶせ ぼくらのカープの時が来た
♪大洋ヤクルト目じゃないぜ 中日叩いて勝どきだ

お笑いマンガ道場』で鈴木義司先生と互いをディスりあっていた富永一朗先生は大のカープファン。初優勝の昭和50年リリースの一曲はジャケットからして最高だが、曲もファンキーなメロディーに富永先生のモソモソっとしたヴォーカルが乗ってグルーヴ感がたまらない。まさに巨人と阪神をぶっつぶしての初優勝。カープファンの歓喜が伝わってくるようだ。

「殺人パンチ」や「血祭り」も……

『惚れたぜライオンズ
ロッテ阪急叩いてつぶせ
♪どんと一発殴り込み
♪腕は自慢の殺人パンチ
♪焼いて食べよか日本ハム
♪倒せ蹴落せ南海野郎
♪来るか近鉄血祭り
♪酒にマージャンたばこもやめた

 これも昭和50年発売の太平洋クラブライオンズ応援歌で、歌っている中村基樹さんは当時のRKB毎日放送アナウンサー。そんな人に「殴りこみ」「殺人パンチ」「血祭りだ」と歌わせるのだから牧歌的だ。詞は不適切というか物騒ですらあるが、曲は明るい音頭調。また歌詞には「山賊打線」も登場。昨今西武打線に名付けられているこの愛称はこの年の江藤慎一、白仁天、土井正博らゴツい選手が並ぶ打線をそう呼び始めたのが始まりである。

ああ!王者』
♪たまには負けてあげようか

 阪急ブレーブスV3真っ只中の昭和51年に主力の山口高志加藤秀司山田久志、大熊忠義が参加したマーチング調応援歌。その4番で歌われるのは「たまには負けてあげようか」とこれも今なら問題になりそうなフレーズ。しかしこの年の阪急は前・後期を制する完全優勝で、日本シリーズでは巨人に6度目の挑戦で初勝利。向かうところ敵なしだったのだから余裕ぶりも頷ける。

岡田の歯ぐき??

阪神タイガースの優勝を知らない子供たち』
♪岡田の歯ぐきで巨人もびびる

 関西フォークアンセム『戦争を知らない子供たち』の替え歌ローカルタレント、リリアンが昭和60年リリースゲストボーカル板東英二やしきたかじん笑福亭鶴瓶が参加した点も見逃せないが、大スター岡田彰布の歯茎をネタにするというさすがのノリ。多分本人は「まあええやん」と笑っていたのではなかろうか。文字通り優勝の味を知らなかった阪神ファンの子供たちはこの年、ついに歓喜にまみれることとなる。

 プロ野球の応援は選手と球団、ファンの持ちつ持たれつのバランスで成り立っているはず。しかし応援される側が些細な事でも応援をコントロールしようとすると、それはいとも簡単に崩れてしまうのではないか。紹介したような“不適切”な曲を聞いて育った世代も時代によって応援スタイルが変わっていくことは普通に受け入れているわけで、応援の勢いづけやノリ的に欠かせない「お前」まで言葉狩りのような形で押さえつけられると、やっぱり窮屈だ。

応援歌レコードはすべて著者私物です

(黒田 創)

ナゴヤドーム ※写真はイメージです ©文藝春秋