新日本法規出版株式会社(所在地:愛知県名古屋市中区栄1丁目23番20号、代表取締役:星謙一郎 http://www.sn-hoki.co.jp/)は、重大な結果につながる事例や間違えやすい事例、著者が実際に悩んだ事例を中心に、申告業務プロセスに沿ってミス事例を掲げた『ミス事例でわかる 相続税贈与税申告の実務ポイント』印刷書籍4,536円(税込)ActiBook(アクティブック)形式電子書籍4,104(税込)7月4日(木)に発行しました。



誤りやすい取扱いについて、ミス事例を掲げて解説!

◆重大な結果につながる事例や間違えやすい事例、著者が実際に悩んだ事例を中心に、申告業務プロセスに沿ってミス事例を掲げています。
◆相続人の判定や納税義務者、課税財産・非課税財産・みなし相続財産、財産評価、課税価格・税額の計算等の項目ごとに、多数のミス事例を掲げた上で、正しい解釈や判断の仕方について解説しています。




【掲載内容】

はじめに
第1 相続税申告の流れ
第2 贈与税申告の流れ
第3 相続税贈与税の沿革

第1章 相続人・相続分・納税義務者に関する誤り
第1 相続税法上の相続人及び相続人の数の判定
1 養 子
ミス事例
〇複数人の養子がいる場合の法定相続人の数
〇特別養子縁組による養子がいる場合の法定相続人の数
〇配偶者の実子(連れ子)が養子となっている場合の法定相続人の数
2 代襲相続人
ミス事例
〇代襲相続人である養子がいる場合の法定相続人の数
〇既に死亡している養子に子がいる場合の代襲相続人の判定
〇死亡した養子の代襲相続人がいる場合の法定相続人の数
3 直系尊属
ミス事例
〇親等の異なる直系尊属がいる場合の相続人の判定
4 兄弟姉妹
ミス事例
〇兄弟姉妹の直系卑属がいる場合の相続人の判定
5 相続放棄
ミス事例
〇全ての子が相続を放棄した場合の法定相続人の数
6 胎 児
ミス事例
〇相続人となり得る胎児がいる場合の法定相続人の数
7 同時死亡
ミス事例
〇同時死亡した推定相続人がいる場合の相続人の判定

第2 相続分の判定
1 法定相続分
 1 嫡出子・非嫡出子
ミス事例
〇相続人が嫡出子と非嫡出子である場合の相続分の判定
 2 胎 児
ミス事例
〇相続人となり得る胎児がいる場合の相続分の判定
 3 直系尊属
ミス事例
〇親等の異なる直系尊属がいる場合の相続人及び相続分の判定
〇父母と養親がいる場合の相続人及び相続分の判定
 4 兄弟姉妹
ミス事例
〇相続人に父母の一方が異なる兄弟姉妹がいる場合の相続分の判定
 5 二重の相続資格を有する者
ミス事例
〇二重の相続資格を有している代襲相続人がいる場合の相続分の判定
2 代襲相続人の相続分
ミス事例
〇養子である実子の配偶者が既に死亡し、実子と養子の間に子がいる場合の相続人及び相続分の判定

第3 相続税贈与税の納税義務者
ミス事例
〇留学している者の住所の判定
〇国外出張している者の住所の判定
日本国籍と外国国籍を有する者の納税義務者の判定

第2章 課税財産に関する誤り
第1 相続税の課税財産・非課税財産
1 相続財産
 1 還付金・給付金
ミス事例
〇被相続人の所得税確定申告に係る還付金・還付加算金
〇被相続人の所得税確定申告に係る還付金・還付加算金
〇被相続人に係る未支給年金
〇被相続人の死亡に伴い支給される葬祭費・埋葬料
 2 未収家賃・未収給与等
ミス事例
〇収入すべき期日が到来していない家賃
〇支給期が到来していない給与
〇死亡後に支給額が確定した賞与
 3 損害賠償金・損害保険金
ミス事例
交通事故の損害賠償請求の係争中に死亡したことにより支払われた損害賠償金
交通事故で死亡したことにより支払われた損害賠償金
交通事故で死亡したことにより無保険車傷害保険契約に基づき支払われた保険金
交通事故で負傷したことにより損害保険契約に基づき支払われた保険金
 4 預貯金・名義預金
ミス事例
〇被相続人の死亡直前に預貯金から引き出された現金
〇実質的に被相続人の財産と認められる預貯金
2 みなし相続財産
 1 生命保険金等
ミス事例
〇保険契約者と保険料負担者が異なる生命保険
〇契約者貸付金がある生命保険金(保険契約者と保険料負担者が同一である場合)
〇契約者貸付金がある生命保険金(保険契約者と保険料負担者が異なる場合)
〇被相続人の雇用主が保険料を負担している生命保険
 2 退職手当金等
ミス事例
〇支給額が確定している未支給の死亡退職金
〇小規模企業共済制度に基づき支給された死亡共済金
 3 生命保険契約に関する権利
ミス事例
〇保険契約者と保険料負担者が同一である生命保険契約に関する権利
3 非課税財産
 1 生命保険金等の非課税
ミス事例
〇相続を放棄した者が取得した生命保険金等の非課税の取扱い
〇複数人の相続人が取得した生命保険金等の非課税金額
生命保険金とともに支払を受けた医療保険金・入院給付金
生命保険金とともに支払を受けた剰余金
 2 退職手当金等の非課税
ミス事例
〇死亡後に支給額が確定した生前退職金

第2 贈与税の課税財産・非課税財産
1 贈与財産
ミス事例
〇財産の名義変更をした場合の取扱い
〇遺言書の内容と異なる遺産分割をした場合の取扱い
2 みなし贈与財産
 1 生命保険金等
ミス事例
〇保険契約者と保険料負担者が異なる生命保険
〇保険契約者と保険料負担者が異なる満期保険金
生命保険の契約者を変更した場合の取扱い

第3章 財産評価に関する誤り
第1 土地の評価
第2 土地以外の財産の評価

第4章 課税価格の計算に関する誤り
第1 相続税の課税価格の計算
第2 贈与税の課税価格の計算

第5章 税額計算に関する誤り
第1 相続税の税額計算
第2 贈与税の税額計算

第6章 申告に関する誤り
第1 相続税の申告
第2 贈与税の申告

※第3章以下は細目次を省略してあります。




新日本法規出版株式会社が運営する販売サイト】
webショップ新日本法規出版株式会社が提供する法律書籍販売サイト)
『ミス事例でわかる 相続税贈与税申告の実務ポイント』(印刷書籍)
http://www.sn-hoki.co.jp/shop/product/book/detail_5100066.html?PR

eBOOKSTORE(新日本法規出版株式会社が運営する法律の電子版書籍コンテンツ販売サイト)
『【電子版】ミス事例でわかる 相続税贈与税申告の実務ポイント』(電子書籍
http://ebook.e-hoki.com/item/bookdetail.html?id=102931PR
形式: ActiBook(アクティブック)


【書籍情報】
書 名 :ミス事例でわかる 相続税贈与税申告の実務ポイント
 著  :山本 信行(税理士)
定 価 :<印刷書籍>4,536円(本体価格4,200円+税)
     <電子書籍ActiBook形式)>4,104円(本体価格3,800円+税)
発行日 :2019年7月4日
体 裁 :A5 374頁
発 行 :新日本法規出版株式会社
ISBN  :<印刷書籍>978-4-7882-8584-2
     <電子書籍ActiBook形式)>978-4-7882-8593-4




【本書に関する報道・メディア関係のお問い合わせ先】
新日本法規出版株式会社http://www.sn-hoki.co.jp/
営業局 推進部 担当:松浦
E-mailweb-marketing@sn-hoki.co.jp
TEL : 052-211-5785
FAX : 052-211-1522
公式フェイスブックページ:https://www.facebook.com/ShinnipponHoki/
公式ツイッターアカウントhttps://twitter.com/SHINNIPPON_HOKI

配信元企業:新日本法規出版株式会社

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ