空前の“タピオカブーム”は、まだまだとどまる気配なし!都内では300軒以上の店が乱立し、原宿駅周辺には40軒近くのタピオカ専門店がひしめき合っている。そして、当然ながら行列、行列、また行列…。食べてはみたいが、並ぶのはちょっと無理…。そう思っていた人に朗報だ!大手ファミレスチェーンの「ココス」から、7月9日(火)に4種類のタピオカデザートが発売になる。マスコミ向け試食会にさっそく潜入してきた。

【写真】タピオカフリーク女子「たぴりすと。」の2人

ココスといえば、ファミレスながらも本格派料理がリーズナブルな価格で楽しめるのがポイントだが、今回のタピオカデザートもしかり。2種の「パフェ」、2種の「フラッペ」共にワンコイン以下(税抜)で味わえるというのだ。

タピオカミックスベリーパフェ」「タピオカマンゴーパフェ」は、もちもちの黒糖タピオカが入った”ストローで飲める”新感覚のパフェ。下から、フルーツソース、黒糖タピオカミルクフラッペ、ホイップクリームがそれぞれ層を作り、その上にフローズンフルーツバニラアイスココアクッキートッピング。これだけの素材をふんだんに使っていながら、490円(税抜)で味わえるのは驚きだ。

会場には、InstagramYouTubeなどでタピオカの情報を発信している「たぴりすと。」の2人が登場。

華恋さんにおすすめの食べ方をうかがうと「まずストローを思い切ってグラスの底まで差し込んでください!そうすることですべての層がストローの中に入ってくれるんです。それを一気に吸い込み口へ運ぶと、最高のハーモニーが体感できますよ」とのこと。

■ フラッペはテイクアウトOK!並ばず買えるのがうれしい

タピオカを使ったフラッペは、「タピオカフラッペいちごピーチ」「タピオカフラッペとってもマンゴー」の2種類の味があり、こちらもワンコイン以下、各450円(税抜)!ストローの位置を上下させると、タピオカのもちもち感、フラッペのシャリシャリ感、クリームの滑らかさなど、異なる食感が口の中へ流れてきて、これまた楽しい!

ココスタピオカは各メニューに合わせて開発されているので、冷たいかき氷の中でも固くなりすぎず、黒糖の風味をしっかり味わうことができるんです。またグラノーラをトッピングしているのも新しい!」とたぴりすと。・奈緒さんも高評価!

タピオカフラッペは、店内で食べるだけでなくテイクアウトが可能。これまでタピオカドリンクに挑戦したくても、行列するにはちょっとはずかしいというサラリーマンや、長く並べない子供連れファミリーでも、ココスでなら安心して試せるはず。

これらのメニューは8月下旬までの期間限定だが、ココスでは、タピオカの大きさや食感、食材との合わせ方をさらに研究し、新しいタピオカメニュー開発中とか。これは期待が高まるところ。

また7月9日(火)の発売初日より、「ココスの推しタピ総選挙」が開催に。ココスタピオカ商品を注文し、メニューに表示されているハッシュタグを付けてInstagramまたはTwitterに投稿すると、抽選で100人に2000円分の食事券が当たる。応募締切は7月31日(水)まで。4種すべて味わって”推し”の1品を投稿してみよう。(東京ウォーカー(全国版)・水島彩恵)

大人気のタピオカドリンクをココス風にアレンジ