紅絹が前進し左ストレート、ミドルを当て那須川を突き放す

RISEクリエーション
RISE 133
2019年7月5日(金)東京・後楽園ホール

メインイベント RISE QUEENアトム級(-46kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R
◯紅絹(NEXT LEVEL渋谷/元J-GIRLSミニフライ級王者)
判定3-0 ※49-48、49-48、50-48
●那須川梨々(TEAM TEPPEN/2017年KAMINARIMON全日本女子-45kg級優勝)
※紅絹が新王者に就く。

那須川(右)は左右のパンチを振るい前進

 紅絹は2006年10月にプロデビューして以来、すでにキャリア50戦を超える大ベテラン2012年11月にJ-GIRLSミニフライ級王座を奪取、2016年4月には第2代Krush女子王座に挑戦するなど、キャリアを通じて女子軽量級のトップ戦線で戦い続けており、この5月には香港で香港王者のヘレンチャンを撃破し勢いに乗る。

 対する那須川はジュニアキックボクシングで数々のタイトルを獲得。“神童”天心の妹としても注目を浴び、2018年6月にRISEでプロデビューするとNJKFミネルヴァ・アトム級2位の佐藤レイナを判定で撃破、2戦目でNJKFミネルヴァ日本アトム級王者・百花に判定負けを喫するが、本王座決定トーナメント1回戦では平岡琴に勝利し、プロデビュー4戦目にして早くも王座獲得まであと一歩に迫っている。この一戦は初の女子の試合で初のメインイベントとして行われる。

紅絹のローキックの積み重ねに徐々に那須川は足を奪われた

 1R、サウスポーに構えフットワークを使い右に回る紅絹へ那須川がワンツーで襲いかかる。開幕は那須川が一方的な攻勢に出たが、徐々にローを軸に紅絹がペースを握り始める。右のハイキックから左右のフックアグレッシブに攻撃を仕掛ける那須川に対し、紅絹は絶妙なタイミングで距離をつぶし追撃を許さず、お返しにローを当て那須川の内ももから内出血が見えるようになる。

那須川も前蹴りで反撃

 ペースを取り返すべく前進する那須川を、紅絹はフットワークでかわしながら左ストレートを見せていく。疲れがたまった那須川は受け続けたローのダメージもあり踏ん張りがきかずバランスを崩す場面も。最終ラウンドには攻守が逆転し、紅絹が前進し左ストレート、ミドルを当て那須川を突き放した。

 試合全体を通じてペースを握り、那須川の前進を左右のローと左ストレートでいなした紅絹が判定で勝利を収め、念願のRISE QUEENのベルトを手に入れた。

念願のRISE QUEENを手に入れた紅絹はチームメイトと喜びを分かち合う

 新王者となった紅絹は「第3代RISEクイーンの紅絹です。那須川選手すごく強くて最初のラウンドは手の内に取られている戦い方だったのですけど、セコンドで『お前には根性しかねえ』と言われて根性で勝てたと思っています。(全王者の)神村エリカのような戦い方はできないですけど、これからも強い相手とやっていって紅絹のベルトだと言われるように頑張っていきたいですまだまだ辞める気は無いのでこれからもよろしくお願いします」と力強くコメントした。

▶︎次ページはセミファイナルのソンヒョンの試合レポート


ソンヒョン(右)が松倉を下しミドル級王座を獲得

RISEクリエーション
RISE 133
2019年7月5日(金)東京・後楽園ホール

セミファイナル JISAKU presents 第4代RISEミドル級(-70kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R
○イ・ソンヒョン(韓国/RAON/同級1位、第2代RISEライト級王者)
判定3-0 ※50-47、50-46、50-46
●松倉信太郎(日本/TRY HARD GYM/同級2位)
※ソンヒョンが新王者に就く。

 松倉はK-1甲子園70kg級やKrush YOUTH GPで70kg王者に輝きK-1、Krush戦線で戦ってきた実績を掲げ、昨年6月にRISE初参戦。その相手がソンヒョンだった。延長の末に判定負けを喫したが、その後3連勝(2KO)と巻き返しに成功。RISE王座挑戦までたどりつきリベンジに燃える。

 対するソンヒョンは前RISEライト級王者の肩書を持ち、RISE3階級制覇の裕樹、シュートボクシング世界王者の鈴木博昭、HOOST CUP王者の麻原将平ら日本の強豪を撃破した実績の持ち主。旺盛なスタミナと突進力を武器に、ダウンを奪われてもすぐに回復し逆転勝利することから“コリアモンスター”と呼ばれる。

 1Rからソンヒョンが積極的に前に出て右ロー、左右のフックから左ボディを振るうと松倉はスイッチしながらローを返していく。ラウンドを重ねても手数が全く落ちないソンヒョンのジャブに苦戦し、松倉の顔面は徐々に紅潮していく。

 リズムに乗るソンヒョンはプレッシャーを強めながら左右のフック、アッパーを打ち込み打撃音を会場に響かせる。松倉も右のロー、ミドルで応戦していくが、パンチの手数はソンヒョンが圧倒。松倉のパンチにも倍にして返す展開が続く。

 最終5Rには、傾いたペースを引き寄せようと松倉は近距離での打ち合いを仕掛けるが、ソンヒョンの的確で、しつこい左ジャブが何度も松倉を突き放し接近できない。終了間際にソンヒョンの右ヒザから左フックに松倉が応戦、左右のフックの打ち合いになったところで終了のゴング。最後まで手数とヒット数で上回ったソンヒョンが判定で大差のフルマーク勝利を収め、二階級制覇王者となった。

ソンヒョン(左)は盟友チャンヒョン・リーへ感謝の言葉を述べた

 ミドル級のベルトを巻いたソンヒョンは日本語で「みなさんこんばんは!」とあいさつ。「チームメイトチャンヒョンリーが一緒にいてくれてチャンピオンになれた」と、セコンドについていたRISEスーパーフェザー級王者チャンヒョン・リーに感謝の言葉を述べた。そして7月21日に行われるRISE大阪大会において、チャンヒョンを応援してくれるように満員の観客へ呼びかけた。

▶︎次のページはベイノアがダウン奪い再起戦で勝利

今年3月以来の再起戦となるベイノア(右)がベテラン喜入(左)を下す

RISEクリエーション
RISE 133
2019年7月5日(金)東京・後楽園ホール


▼第8試合 -67.5kg契約 3分3R延長1R
○“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/第2代RISEウェルター級王者)
判定3-0 ※29-26、29-26、29-26
●喜入 衆(NEXT LEVEL渋谷/ルンピニージャパンウェルター級王者)

 ベイノアは今年3月、王者となって初めての試合でタップロン・ハーデスワークアウトにまさかの1RKO負けを喫した。その敗戦の理由を問われると、「左フックをもらったということで、右のガードが下がっていた」と振り返った。そして昨日の前日軽量では、必殺技として「左のフックガードしたら左の腕が折れるような右のガードを用意してきた」と真顔で言いきり、会場の度肝を抜いた。

 対する喜入は2001年デビューし現在は62戦のキャリアを持つ大ベテラン。これまでJ-NETWORKスーパーライト級王座、初代MuayThaiOpenウェルター級王座(現在3度の防衛に成功)、ルンピニージャパンウェルター級王座と3本のベルトを獲得している。

 1R、軽いステップから長い左のジャブでけん制し距離を取るベイノアに対し、喜入は左ローを放ちながら前進。積極的に手を出していく両者だが、喜入の左フックカウンター気味にベイノアの顔面をとらえ足元がぐらつくと、今年3月のリプレイが起きるのかと会場に緊張感が走る。しかし固いガードで持ち直したベイノアはコツコツと左ローを当ててから上にパンチを返す。

 2R中盤にはベイノアの右ストレートクリーンヒットし先制のダウンを奪う。

 3Rに入るとジャブからロー、ハイキックと流れるようにコンビネーションをつなげていくベイノアに喜入はたまらず後退。強烈なヒザ蹴りを突き刺しさらに勢いに乗るベイノアは胴回し回転蹴りを見せ会場を沸かし、最後は喜入のバックブローにハイキックを合わせたところで終了のゴング。1ラウンドこそひやりとした場面があったものの、全体を見れば手数・有効打共にベイノアの圧勝。見事に再起戦を勝利で飾った。

再起を果たし上機嫌のベイノアはいつものようにマイクパフォーマンスの長さを注意された

 勝利したベイノアは「再起戦ということでバチっと倒したかったのですけど、髪のボリューム増えて体重調整がうまくいかなったのは冗談です。喜入選手は知っていましたが気持ちが強かったです。季節にぴったりな試合でじめっとしちゃいました」とコメント

 続けて「不完全燃焼なので2週間後の大阪大会のカードの空きはありますか」とRISE淵脇氏に問うと、「もうカード決まっているので」とあっさりNGを出されがっくり。すぐさま気持ちを切り替え「まだこの先あると思うので、お笑いの方はさておいてファイトの方もガンガンやっていきますのでよろしくお願いします」と自身の復活をアピールした。


4戦4勝4KOの新鋭・森を一蹴してみせた山口(左)

RISEクリエーション
RISE 133
2019年7月5日(金)東京・後楽園ホール


▼第7試合 第4代RISEスーパーライト級(-65㎏)王座決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
○山口侑馬(山口道場/元Innovationライト級王者、第4代DEEP☆KICK 60kg級王者)
KO 2R22秒 ※右フック
●森 香津眞(チームドラゴン/同級6位、2018年RISING ROOKIES CUPスーパーライト級優勝)

 立ち上がりは慎重な両者。距離を取りローを打ち合ったが、距離が詰まると重いパンチを交換する。森のオーバーハンドの右が山口のテンプルをとらえると、山口はボディに連打を打ち込み森を下がらせる。

 山口は左右フックを、森はストレートを炸裂弾のような音を立てながら打ち込む。試合が動いたのは1ラウンド中盤、森の右ストレートに山口が右フックを打ち返すとそれがカウンターとなり森が膝をつく。立ち上がった森は打ち合いに応じるが、ラウンド終了のゴングと当時に放った山口の右で2度目のダウン。辛くもゴングに救われるが、2ラウンド目に入ったところでもらった相打ち気味の右でぐらついた森に、山口はすかさず右フックを叩き込みダウンを追加。何とか立ち上がるも、ふらつく森を見てレフェリーはすぐさまストップした。

KOが決まった瞬間雄叫びを上げた山口

 豪快なKO勝利を収めた山口は「いい自己紹介できたと思うけど、今後優勝してベルト獲ってチャンピオンになるんで、チェックしておいてください」と上機嫌。最後に観客に自らのインスタグラムツイッターをフォローするよう呼び掛けてリングを後にした。

 


▶︎次ページは女子注目の18歳・寺山日葵の試合、不戦勝・佐藤レイナの決勝への気持ち

不戦勝で決勝進出となった佐藤(左)は幼馴染の寺山(右)と対戦が決定

▼第6試合 RISE QUEENミニフライ級(-49kg)王座決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
小林愛三(NEXT LEVEL渋谷/初代ムエタイオープン女子フライ級王者)
※小林が計量オーバーで失格、佐藤が不戦勝で決勝進出
○佐藤レイナ (19=team AKATSUKI/NJKFミネルヴァ アトム級1位)

幼馴染の2人が決勝で対戦することになり照れ臭そうな2人

 RISE QUEENミニフライ級(-49kg)王座決定トーナメント準決勝に出場予定だった佐藤レイナ (team AKATSUKI)がリングに登場。小林愛三(23=NEXT LEVEL渋谷)の体重超過による失格のため不戦勝となり、自動的に決勝へコマを進めた。

 準決勝第1試合で判定勝利し、2冠に大手をかけた寺山日葵(18=TEAM TEPPEN/J-GIRLSミニフライ級王者)と決勝を争うことになったことを受け佐藤は「まだ自分の実力が未熟なのは自分がよくわかっているので、アマチュア時代から何度もやっている日葵選手に勝つために、決勝までに実力をつけるようがんばります。」と宣言。

寺山には子供の頃から試合も身長も勝ったことはないが絶対勝つと佐藤

 そして「子供のころから身長も試合も一度も勝っていません。身長はあきらめているので、試合で絶対勝ちます」と幼馴染ともいえる対戦相手への勝利宣言をして見せた。

 また対戦相手に決定した寺山も「決勝はアマチュア時代から切磋琢磨し合っている戦友の佐藤レイナ選手とやることになったので、もっともっと練習して倒しにいきたい」と決勝に向けての意気込みを語っている。


寺山(右)が後藤を下しトーナメント決勝へコマを進めた

▼第5試合 RISE QUEENミニフライ級(-49kg)王座決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
○寺山日葵(TEAM TEPPEN/J-GIRLSミニフライ級王者)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●後藤まき (RIKIX/NJKFミネルヴァ ライトフライ級5位)

寺山の前蹴りが後藤の顎にヒット

 このトーナメントを制し2冠を目指す寺山は、この3月に高校を卒業「毎日ジムに通えるようになったので、今までで一番バッチリに仕上がっている」と、これまで課題の体力不足も、毎日ジムで追い込める環境になり充実していると語る。

 対する後藤は元KNOCK OUTプロデューサー小野寺力氏が代表を務めるRIKIX初の女子プロ選手。今年6月に行われた『NJKF 絆XII』では、本トーナメントにもエントリーする佐藤レイナから判定勝ちを収めている

パンチで前に出る後藤

 オープニングヒットは寺山の右ロー。お互いに長距離からローを打ち合う中、後藤の右ローに合わせた寺山の右ストレートヒットする。
 寺山は後藤の右ストレートカウンターを合わせていくが、後藤はお構いないしに前進。右ストレートを何度も出すが、寺山は後藤の前進に合わせボディにヒザを叩き込むなど、寺山ペースで試合は進む。

寺山は決勝に駒を進めベルトに王手

 最終3Rも後藤の前進を左ミドル、前蹴りで阻止。何度も後藤のアゴを前蹴りで跳ね上げるが、後藤は退かず。最後まで両者手を出し続けるが、ペースを作り有効打をヒットさせた寺山が判定で差をつけ、決勝進出を決めた。決勝で寺山は佐藤レイナ (team AKATSUKI/NJKFミネルヴァ アトム級1位)とミニフライ級王座をかけ対戦する。

▶︎次ページは前口太尊、良星の試合結果

良星(左)がスピードで有松を圧倒

▼第3試合 バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
○良星(平井道場/同級2位)
KO 1R2分5秒 ※右ストレート
●有松 朝(リアルディール/同級7位)

 スピードのある左ジャブから右ローのコンビネーションを放つ良星。有松も手を返すが良星は右ストレート、アッパー、ボディと多彩なパンチカウンターをとり有松を寄せ付けない。1分過ぎた頃にロープに詰めた良星の右ショートフックで有松がダウン。足をふらつかせながら立ち上がった有松を再度ロープに詰めて右のストレートダウン追加。深刻なダメージと判断したレフェリーは即座に試合をストップした。


前口(左)の移籍初戦は直樹にKO負け

▼第1試合 ライト級(-63kg)3分3R延長1R
○直樹(BRING IT ONパラエストAKK/同級4位)
KO 1R2分56秒 ※パンチ連打
●前口太尊(TEAM TEPPEN/元J-NETWORKライト級王者)

 前口が左ミドル、左ジャブで前進。ロー、ミドルを織り交ぜる上下に打ち分けるコンビネーションを見せ、右ボディストレートで直樹を後退させる。しかし前口の前進に合わせた直樹の左アッパーがクリーンヒット。前口が足元を揺らしたのを見逃さず、パンチの連打で逃げる前口を追い右ストレートヒットさせてダウンを奪う。立ち上がったところに右フックをさらに重ね2度目のダウン。最後はロープに詰められパンチの連打を浴びる前口を守るかのようにレフェリーが試合をストップした。


▼第4試合 バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
○結城将人(TEAM TEPPEN/同級1位)
判定3-0 ※三者とも29-28
●拓也(蹴空ジム/同級6位)

▼第2試合 フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R
●伊仙町典久(BLA‐FREY/J-NETWORKスーパーバンタム級王者)
判定0-3 28-30、28-30、27-30
○宮崎就斗(TARGET/同級4位)

オープニングファイト第2試合 女子ワンマッチ -58kg契約 3分3R
●カン・イェジン(韓国/MAXFC/Masan Team Star
判定0-3 ※三者とも27-30
○村上悠佳(TEAM TEPPEN)

オープニングファイト第1試合 RISING ROOKIES CUPスーパーフライ級(-53㎏)一回戦 3分3R延長1R
●匠朗(KSS健成館/K-2 GRAND PRIX 2018軽量級3位)
判定0-3 ※29-30、28-29、28-29
○吉村凌仁郎(BLA-FREY