国会議事堂Mari05/iStock/Thinkstock)

4日に公示され、21日投票となった今回の参院選。年金や消費税、少子高齢化などさまざまな問題について各党が全国で火花を散らしています。各党の政策についてはもちろんですが、この機会に参院選の仕組みや歴史についても詳しくなっておきましょう。

そこで、本日のデイリーニュースクイズテーマは「参議院議員選挙」。全5問に挑戦してみてください。

 

Q1.半数が改選される参議院議員選挙のことを何と呼ぶでしょう?

(1)総選挙

 

(2)半数選挙

 

(3)通常選挙

 

(4)普通選挙

 

正解は

(3)通常選挙

正解は「通常選挙」。解散がある衆議院では、議員全員を選ぶ選挙は「総選挙」と呼ばれますが、半数ずつ改選される参議院の場合は「通常選挙」と呼びます。

 

Q2.1票の格差是正のため、今回の参院選から4つの県が2つに合区しました。それに含まれない県はどこでしょう?

(1)島根県

 

(2)鳥取県

 

(3)徳島県

 

(4)香川県

 

正解は

(4)香川県

正解は香川県」。合区された4県は、前回選挙までそれぞれ定数1でしたが、今回から島根・鳥取は合区されて定数1に、同じく徳島県高知県と合区されています。

 

Q3.合区された県の候補を救済するために自民党が推進した、比例区候補者を優先的に当選させる仕組みを何と呼ぶでしょう?

(1)特別枠

 

(2)特定枠

 

(3)優先枠

 

(3)選抜枠

 

正解は

(2)特定枠

正解は「特定枠」。特定枠の候補者には、個人としての選挙活動は認められません。参院選の比例区は各候補の個人名での得票順で当選が決まる「非拘束名簿式」ですが、特定枠のみ「拘束名簿式」の考え方です。

今回の参院選で改選議席のある政党としては、自由民主党れいわ新選組が採用しています。

Q4.現在、参院選で定数が最多の選挙区は東京の6ですが、次に多い定数4の選挙区はいくつあるでしょう?

(1)2選挙区

 

(2)3選挙区

 

(3)4選挙区

 

(4)5選挙区

 

正解は

(2)4選挙区

正解は「4選挙区」。定数4の選挙区は、埼玉県神奈川県愛知県大阪府の4つ。なお、定数3の選挙区は4つあり、北海道千葉県兵庫県福岡県です。また、1人区は32あります。

選挙区から1人を選ぶ仕組みを「小選挙区制」、複数の定数がある仕組みを「中選挙区制」といいますが、参院選は、「小選挙区・中選挙区・比例代表(拘束・非拘束)」を組み合わせた選挙なのです。

(※編集部注:第25回通常選挙からの埼玉選挙区定数増を含めて回答・解説を訂正しました)

 

Q5.参議院の前身にあたる、帝国議会の上院は何でしょう?

(1)華族院

 

(2)元老院

 

(3)貴族院

 

(4)門閥院

 

正解は

(3)貴族院

正解は、「貴族院」。皇族、華族に加えて、学士院会員や高額納税者などが勅任議員として選ばれ、任期は7年の議員と終身議員が存在していました。

クイズバナー1200

・合わせて読みたい→『あなたの番です』犯人はだれ? みんなの考察まとめ

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

合区したのは何県と何県? 「参院選」クイズ