7月5日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に、女優の工藤夕貴がゲスト出演。32年ぶりに再会した坂上忍との“確執”の真相が明かされた。

【写真を見る】32年ぶりの再会を果たした坂上忍と工藤夕貴

13歳でデビューした工藤は、アイドルとして活躍。17歳の時には映画「ミステリートレイン」でハリウッドに進出し、女優として世界で活躍している。

そんな工藤のことを坂上は、“大嫌いな女優”だと言い出す。また、工藤も坂上のことを“怖いイメージ”だという。

2人は32年前、漫画「タッチ」の舞台版で共演、坂上が当時19歳で上杉達也役、工藤が当時16歳で浅倉南役、劇中では2人は恋に落ちる設定で、さらにデュエット曲「素敵な絆」まで歌っていた。

「その日の公演が終わって、僕の楽屋に来て、『あそこの芝居、こうやってください』って言って、ダメ出しして去って行った。一応、僕20歳っていっても芸歴17年なんで、昨日今日デビューして、いくら芝居がうまいか知らねえけど、どういう育ち方してんだ!」と、坂上は長年の恨みを説明したが、工藤は「全然覚えてないです」。

「もともとは坂上さん大好きだったんですよ。子役の時から出てて、NHKの『レッツゴーヤング』でも一緒になったことがあって、坂上さんが歌うたってたの超カッコよくて。

普通仲良くなる感じがするじゃないですか。会った時から怖くって、バイクに乗るシーンがあって…あ、それ違うな」と記憶があいまいな工藤を、松本人志が「そういうところよ、嫌われるの」とたしなめた。

しかし、工藤は「大人だから、ちょっと大目に見れなかったんですか?」とツッコみ、坂上は「確かに夕貴、あの時未成年で僕は20歳で成人だから僕が大目に見る…おもしれえこと言うな!」とさらにエキサイトしていた。

次回の「ダウンタウンなう」は、7月12日(金)放送。ゲストに松田美由紀、フリーアナウンサー宇垣美里が出演する予定。(ザテレビジョン

坂上忍が32年前を振り返った