7月7日(日)に大河ドラマいだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第26回「明日なき暴走」が放送される。

【写真を見る】菅原小春が演技に込めた思いとは?

宮藤官九郎が脚本を務める本作では、日本水泳を世界レベルに引き上げようと奮闘する新聞記者・田畑政治(阿部サダヲ)を主人公にした第2部の物語を展開している。

第26回では、日本人女性初のオリンピック選手・人見絹枝(菅原小春)が、アムステルダムオリンピックに出場する姿を描く。

制作陣も“神回”と口をそろえて言う同回を、WEBサイト「ザテレビジョン」では、完成DVDを事前に視聴。オリジナルレビューで魅力を紹介する。

■ 第26回のあらすじは?

アムステルダム五輪が迫り、体協が相変わらず資金難に苦しむ中、田畑は政界の大物・大蔵大臣の高橋是清(萩原健一)に直談判し、見事大量の資金援助を取り付ける。

そして迎えるアムステルダム大会では、女子陸上が正式種目に。国内予選を席巻した人見絹枝は、国民の期待を一身に背負い、プレッシャーに押しつぶされそうになりながらも、100mに挑む。

■ 演技初挑戦の菅原小春は、強く美しく戦うヴィーナス

(※レビューには若干のネタバレが含まれるので、内容をあまり知らずにドラマを見たい方は、これ以降を読まないことをおすすめします。)

私は、スポーツ観戦が苦手だ。国民の期待を一身に背負う選手の重圧を想像して、胸が痛くなってしまう。

第26回「明日なき暴走」での人見絹枝(菅原)の姿にも、胸が痛くて、苦しくなった。とにかくこの回で、人見にはものすごい重圧がかかっている。

それもそのはず、人見は日本人女性初のオリンピック選手だ。第1部の主人公金栗四三(中村勘九郎)と同じく、後にも先にも、初めてオリンピックに出場した日本人女性は彼女ただ一人。

そんなプレッシャー、押し花では払いのけられないだろう。心を落ち着かせるなんて絶対に無理。初めて訪れる海外で、日本チームにも女性はただ一人、監督や記者から「メダルを期待してるよ」と声を掛けられるなんて、なんて残酷なんだ。

細かい気配りができる人見は、きっと他の選手たちに言いたいことも言えなかっただろう。

そんな人見がただ一回だけ、自分の意思を貫き通す場面がある。

それが、「100mで惨敗し、800mへの出場を懇願する」というシーンだ。選手たちの控室で、日本選手団で唯一の女性である人見は、涙ながらに「このままでは日本に帰れない」と主張する。

私はこのシーンで、目を背けたくなる程に苦しくなった。映像がまるでドキュメンタリーのようで、人見への周囲の目線と、菅原小春の演技が“本物”過ぎるからだ。“初めての演技とは思えない熱演!”という次元じゃない。菅原が、人見の魂を現世に蘇らせていると思った。

苦しくなる一方で、とても心が震わされる。どんなに涙が出てきても、菅原の演技からは目が離せない。

スポーツ観戦が人々を熱狂させるのは、きっとそんな気持ちからなのかもしれない。降り掛かった重圧をバネにして這い上がろうとする人の姿は、胸が痛くなることもあるけれど、強くて美しくて、目が離せない。

ドラマを見ているうちに、とんでもなくカロリーを消費した気がする。あ、一つだけ言っておくと、見終わった後に食べるために「シベリア」を用意しておくと幸せになれますよ。(ザテレビジョン

日本人女性初のオリンピアン・人見絹枝(菅原小春)の挑戦を描く第26回