降り続く雨や高い湿度で、気分が下がる梅雨どき。気を付けたいのが、カビとニオイです。

 洗濯しても服がなんだかクサい。風呂場のタイルにカビがびっしり。押入れにしまっておいた服がカビた……なんて、体験はありませんか?

bath
※画像はイメージです
 今年こそ、快適に梅雨を乗り切るために、カビ対策をしちゃいましょう。掃除が苦手なズボラ男子でも簡単にできる風呂・トイレのお手入れを、お掃除のプロに聞いてみました。

必須アイテムは「ブラシ」と「漂白剤」

 教えてくれるのは、ハウスクリーニングや家事代行を行う、株式会社ワンズコピーの代表取締役で、日本家事代行協会・理事の佐和田久美さんです。

「まず、湿気の高まりで一番影響が出るお風呂場のお掃除の仕方を伝授しましょう。ここでのポイントは、ふたつ。1つ目は『ブラシ』の使い方です」

 お風呂場の床やタイル目の黒ずみを、放置しているズボラ男子は多そうですが、本当に落ちるのでしょうか?

はい。カビ取りのポイントは、ブラシでこすることです。扉やタイルなどの目地に黒いポツポツカビが生えるのは、スポンジだけで洗っているから。奥の汚れにまで届いていない証拠です。そういったカビは、シャワーの流水を当てながらブラシでこすれば、洗剤を使わなくともすぐに落ちます」

 なんと、意外と簡単! 水を当てるのには意味があるのでしょうか?

「水を当てるのは、カビの胞子が舞い上がるのを防ぐため。単にこするだけだと、胞子を吸い込んでしまって身体に悪いので注意してください」

タイル目に生えたカビには酸素系or塩素系漂白剤

 では、タイルの目に生えたカビはどうすればいいのか? 佐和田さん曰く「タイルの目には『酸素系漂白剤』か、『塩素系漂白剤』を吹きかけて、歯ブラシでこする」のが良いそう。

oxiwash
「オキシウォッシュ」(酸素系漂白剤)色柄用漂白剤として洗濯にも使えるので、持っていて損ナシ。※セリアで購入
「漂白力の強さは、塩素系>酸素系です。おなじみのカビキラーは、塩素系です。漂白剤は手が荒れる可能性があるためゴム手袋をはめて、換気をしながら使ってください。塩素系の場合はマスクゴーグルも装着しましょう。

 そして、プラスチックに比べてゴムやパッキンのカビは落ちづらいので、ここだけはこまめな掃除が必要です。一番大事なのは生やさないこと。黒ずむ前からこすり洗いを忘れずに」

シャワーホースの黒ずみ、浴槽の赤いヌルヌル

 続いて、シャワーホースにカビが生えてしまったらどうすればよいのでしょうか?

トイレットペーパーでぐるぐる巻きにして、上から塩素系漂白剤をつけ、乾かないようにラップを巻いて放置します。その後、ブラシでこすりながら洗い流すと、ほぼキレイに取ることができます」(佐和田さん、以下同)

 浴槽のフタはデコボコしていてヌメりが付きやすいですが、どうすればキレイなまま使えますか?

それな100円ショップでも売っている『みぞブラシ』が便利。お風呂のフタに合わせて毛の長さがデコボコになっているので、上下に動かすだけで汚れを落とすことができます。ただし、フチの部分はカビが生えると落ちにくいので注意が必要。フタを立てて置いて、端まで洗う習慣をつけてください」

“浴槽がピンク色っぽくなった”という声も聞きますが、それも落ちるのでしょうか?

「それは赤色酵母菌といい、カビとは少し異なります。壁と同様のやり方で落とすことができますが、酸素系漂白剤で予防と殺菌も簡単にできますよ。

 やり方は、40~50度のお湯に酸素系漂白剤を入れて放置するだけ。お湯10リットルに対して100グラムの割合が適切です。そのとき、洗面器などの風呂用具を湯船に入れておくと、一緒に除菌ができます。しばらくしたら、排水して、そのあと流水でこすり洗いをしてください」

排水口掃除の強い味方は意外な“アレ”

 暑くなると、排水口の詰まりやニオイも加速度的に悪化しますが、手早くキレイにできるグッズとして佐和田さんのイチオシは、100円ショップの「急須用の注ぎ口洗いブラシ」です。

「そそぎ口洗い(3本セット)」※セリアで購入
「太さの異なるブラシが数本セットになっているので、太いものはお風呂の排水口、細いものは洗面所のヘアキャッチャーに使ってみてください。特にヘアキャッチャーは、穴にブラシを差し込んで引き抜くだけで見事に汚れが取れるので痛快ですよ(笑)

 たったの100円でブラシのまとめ買いができるなんてお得。これはすぐ買わなければ。

「ただ、排水口のニオイは自力では除去しきれません。というのも、集合住宅では排水管は各家庭と合流しているので、よそが掃除不足だと、ニオイが上がってきてしまいますし、その先の公共下水道自体が臭っている場合もあります。

 でも、定期的に『パイプ用洗浄剤』を使うのは、自宅のニオイやつまりを除去できるので大賛成。洗浄力が強く、やりすぎると排水管をサビさせてしまうことがあるので、3か月に1回のペースで十分です」

見て見ぬふりの“サボったリング”ともお別れ

 続いて教えてもらうのは、トイレ掃除のテクニックトイレで真っ先に思い浮かぶのは、溜まった水のフチにできた黒ずみ、通称“サボったリング”ですよね。

「サボったリングの原因は、尿石(尿の成分がこびりついたもの)と雑菌の繁殖。これもこすり落とさないといけないのですが、『先端のやわらかなブラシ』を使うことがポイントです。硬いブラシは便器に細かな傷をつけ、かえって菌が繁殖する原因を作ってしまうのです」

 こすっても落ちないレベルの汚れは、どうすればいいのでしょう?

トイレの汚れの主成分はアンモニア。つまり、アルカリ性なので、酸性洗浄剤を上手に使うことがキレイになる近道。手軽で安全に使える酸性洗浄剤といえば、『クエン酸』です。これも100円ショップで買うことができます。

クエン酸(落ち落ちV)」※ダイソーで購入
 そして、しつこいサボったリングの落とし方は、まずバケツ1杯分のお水を便器に流します。すると、いつもより水位が下がってサボったリングが露わになるので、目の細かい仕上げ用サンドペーパー(#2500~#3000番)にクエン酸をつけて軽くこするだけです」

壁や床への飛び跳ね汚れには「クエン酸スプレー」

 立って用を足す男性は、壁や床への飛び跳ねも気になるところ。

「『クエン酸』は、ニオイの一因でもある壁の飛び跳ね汚れにも効果的。水200ミリリットルに対して小さじ1の割合でスプレー容器に溶かして、それを掃除シートに吹き付けて壁を拭くだけで、消臭・除菌ができます。

 このクエン酸スプレーは、水垢落としにも活用できるので、洗面所やお風呂にも活用してみてください」

 お話を聞いてみると、道具はほぼ100円ショップで揃えられるようで、カビ対策は意外にも簡単そう。ちなみに使った道具は、乾燥させて(天日干しだと理想的)からしまうのが清潔に保つコツだそう。溜め込んだお風呂とトイレの汚れ、この機会に撃退しちゃいましょう。

お風呂
お風呂掃除の必須アイテムは「ブラシ」と「漂白剤」
タイル目に生えたカビには酸素系or塩素系漂白剤
・風呂フタには「みぞブラシ」が便利
・赤いヌルヌル(赤色酵母菌)はお湯に溶かした酸素系漂白剤で予防・殺菌
・排水口掃除には「急須用の注ぎ口洗いブラシ」

トイレ
トイレの汚れには「クエン酸」を水に溶かして作ったスプレーが便利
・サボったリングには「先端のやわらかなブラシ」を使用
・頑固なサボったリングは、仕上げ用サンドペーパーにクエン酸をつけて軽くこする

<取材・文/阿形美子>

【佐和田久美】

株式会社ワンズコピー代表取締役、一般社団法人日本家事代行協会理事。ハウスクリーニング代行や掃除に関する講師活動を積極的に行う。著書に『「モノを正しい場所に置く」だけで部屋は自然とキレイになる』『部屋を片付けるだけで子供はぐんぐん伸びる!』