ゲストの3人が自由気ままにトークする「ボクらの時代」(フジテレビ系)。7月7日の放送回に、有名作家を父に持つ阿川佐和子、遠藤龍之介氏、檀ふみが登場。フジテレビの新社長に就任した、文豪・遠藤周作を父に持つ遠藤氏が、強烈な父との思い出を語った。

【写真を見る】フジテレビ新社長の素顔に迫った

それぞれが父との思い出を話す中、阿川が「私たちもそうですけど、(遠藤)龍之介さんも酷い目にあってるの」と切り出すと、遠藤氏は父との最初の記憶を思い起こす。

父と2人で留守番をしている際に「龍之介、絵を描いてやる」と赤と黒のクレヨンで画用紙に絵を描き出したという。

家の2階の窓から子どもが顔を出している絵だったそうで、描きながら父は「この子は、独りで留守番をしています。そうだな龍之介と一緒だな」と語り、「この子の家が燃えてしまいました。この子お父さんお母さんと助けを求めても誰も助けに来ない」と話し、泣き出した遠藤氏をよそに満足したような表情で書斎に戻っていったという。

他にも強烈なエピソードを繰り出す。キャッチボールをやったこのない父が「おいキャッチボールへ行こう」と言い出し、同伴でクラブへ行く口実に利用されたり、催眠術にハマった父が「お前の体は鋼鉄より硬い」と言い出し、横になった遠藤氏の体の上に14インチくらいのテレビを乗せられたこともあったという。

催眠術にかかっているフリをしているので痛いと言えなかったが、後日、病院に行ったら体に四角いアザができていたという。

檀と阿川は「よく、それで立派になられて」と驚きを隠せない様子だった。

次回の「ボクらの時代」は、石塚英彦彦摩呂、内山信二が登場する。(ザテレビジョン

阿川佐和子も驚きを隠せない