アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、南米サッカー連盟(CONMEBOL)やレフェリングへの不満を口にした。スペインマルカ』が伝えている。

6日、コパ・アメリカ2019・3位決定戦のアルゼンチン代表vsチリ代表が行われた。試合は2-1でアルゼンチンが勝利したものの、同試合ではアルゼンチンメッシ、チリ代表のMFガリー・メデルの両チームの主将が退場する荒れた展開となった。

そのシーンは37分、ボールがチリ陣内でゴールラインを割ろうとした際、メデルに体を入れられたメッシが後ろから少々プッシュ。これに対して、メデルが腹を立て肩をぶつけるなどの小競り合いに。すると主審はすぐさま駆け寄り、両者にレッドカードを提示した。この後、VARで見直されず、判定が覆ることはなかった。この判定に物議を醸している。

今大会中には準決勝のブラジル代表戦後にもレフェリングについて不満を吐露していたメッシだが、チリ戦後、再び主審や協会に苦言を呈した。

「僕らがこのコパ・アメリカ中に起きた腐敗の一部になる必要はない」

メデルは常に全力でやってくる。2人にはイエローカードで良かったと思うが、僕は最後に言ったことに対して、代償を払うことになったのかもしれない。ただ、それは訂正される可能性のあるものだった。にもかかわらず、彼らはVARを使わなかったんだ」

「重要なことはチームがうまく大会を終えたこと。試合の終わりまでピッチに立つことができなかったことを除き、落ち着きを取り戻して帰るつもりだ。このチームを誇りに思う」

サムネイル画像