雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら吉本興業所属芸人13人の「闇営業問題」による謹慎処分を受け、テレビ界の混乱が続いている。

「番組によっては打ち切りを検討せざるを得ない事態。改めて芸人の“身体検査”の必要性が問われている」(放送記者)

 そんな中、需要が高まりそうなのが“非・吉本芸人”。中でも「1番手は衆目の一致するところ」(同前)と名が挙がるのが、ワタナベエンターテインメント所属のハライチ・澤部佑(33)だ。

 すでに関西ローカルを含めレギュラー6本を数える澤部。「若い頃の関根勤(65)に似たタイプタレント」と評するのは芸能デスクだ。

「坊主頭に人懐こい笑顔の癒し系。吉本芸人のようなギャグオーバーリアクションはないが、どんな話題にも的確に応じるコメント力が武器。芸人がMCを務めるバラエティーよりも、現在レギュラー出演している古舘伊知郎(64)司会の『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』(NHK)や林修(53)司会の『林先生の初耳学』(テレ朝系)のような、娯楽教養番組が向く。吉本芸人の前ではかき消されがちな、クスッという笑いを含んだツッコミが活きる」

澤部が人気の理由は“吉本疲れ”?

 幼馴染み岩井勇気(32)とコンビを組んで2006年デビュー。09年に「M-1グランプリ」決勝に初進出し注目を浴びた。ネタを書かない側ながらもそのツッコミ力で徐々に単独での活動を増やし、15年の「タレント番組出演本数ランキング」ではTOKIO国分太一(44)、バナナマン設楽統(46)に続き、帯番組を持たないながらも3位に食い込むという快挙を達成。

「話に毒もなく、爆発的な面白味には欠ける澤部。これほど重宝されるのは、現場のテレビマンたちが、視聴者はガツガツ笑いを取りに行く吉本芸人たちに少々辟易していると読んでいるから。いわば“吉本疲れ”。そのトレンドにうまく乗って仕事を増やしている」(前出・放送記者)

 私生活では6年前に結婚し一男二女の父。妻は大手クリーニングチェーンの創業者一族というお嬢様。女性スキャンダルは皆無だ。

 仕事も堅調、私生活も堅調——そんな芸人が天下を取るのが令和のご時世。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年7月11日号)

コンビ名の由来は地元埼玉の地名「原市」