8日(月)は上空の寒気の影響で西日本や東海を中心に大気の状態が不安定となっています。朝から九州を中心に雨が降り、鹿児島では1時間に30ミリ以上の激しい雨の降った所がありました。先週までの大雨で地盤の緩んでいる地域がありますので、九州南部では念のため土砂災害にご注意ください。

午後は西日本の各地や東海、甲信でも雨や雷雨の所があり、局地的には激しく降る所もあるでしょう。南西諸島には梅雨前線が停滞している影響で、沖縄は9日にかけて曇りや雨となり、雷を伴う所もありそうです。

一方、9日は寒気が東へと移動し、九州は概ね曇りとなる見込みですが、四国や中国地方、近畿、東日本を中心に雨の降りやすい天気が続きます。落雷や急にザッと降る強い雨にご注意ください。関東でも午後は所々で雨が降る予想となっていますので、洗濯干しはあすよりきょうがおすすめです。

気象予報士・佐藤 温子)

7月9日(火)午後の雷の発生する確率