世の中には話にキレのある人と、ない人がいる。話にキレのある人は、端的に話ができて、聞き手を飽きさせない。一方、話にキレのない人はダラダラと話が行きつ戻りつしてしまい、聞き手をいら立たせてしまう。

◆丁寧に話そうとして聞き手をいら立たせてしまう

photo via Pexels

 話のキレのない人に自分の話法をビデオ自撮りしてもらい、それを観た感想を聞くと、「丁寧に話そうと思うばかり、話を次の展開に持っていけなかった」「聞き手が関心なさそうなそぶりを見せたので、一生懸命話そうと思っているうちに、話が袋小路に入ってしまった」といったことを言う人が多い。

 丁寧に話をすることも、一生懸命話をすることも、それ自体は悪いことではない。しかし、そのことを意識していると、話が長くなり、細部に至るようになり、構成がわかりにくくなり、ひいては聞き手をいら立たせてしまい、聞き手の関心度、集中度が低下してしまう。

 また、聞き手が関心を示さなかったり、いら立ったりしてしまったのは、「聞き手の気が短いからだ」「聞き手が自分勝手だからだ」と聞き手のせいにしてしまうということもある。しかし、実は話し手の話し方に問題がある場合が多いのだ。

 そもそも、どんなに魅力的な話でも、時間の経過とともに聞き手の関心度、集中度は下がることが当たり前だ。だから、聞き手が関心度、集中度を低下させたそぶりを見せたとしても慌てずに、当たり前のことだと思って対処することがお勧めだ。

 にもかかわらず、話にキレのない人は慌てて、そこでさらに力が入って細々と一生懸命話してしまい、聞き手の関心度、集中度の下降曲線をいっそう低下させてしまう。

◆「BIGPR」を簡潔に話す
 そうならないためには、話の冒頭から、できるだけ短いフレーズで語れる訓練を日ごろからしておけばよい。一対一の対話でも、一対多数の会議やプレゼンテーションでも、話の冒頭に下記の「BIGPR」を伝えることで、聞き手の関心度、集中度のスタートレベルを高めることができる。

 B:Background=背景
 I:Introduction=自己紹介
 G:Goal=目的
 P:Period=時間配分
 R:Role=相手に期待する役割

 話にキレがあると思われている人は、BIGPRを30秒程度で簡潔に語ることできている人だということが、筆者の20年来の演習結果からわかっている。

 逆にその面談や会議を実施するに至った背景を長々と話してしまうと、せっかく話の冒頭から聞き手の関心度、集中度を高めるために実施しているBIGRPの効果が発揮されずに、むしろ聞き手のいら立ちを増幅させてしまう。

 目的をダラダラと話すと、そのまま本論の話に入ってしまったり、関心度、集中度を低下させるトレンドに入ってしまうこともある。それほど簡潔に話すことは、聞き手の関心度、集中度を高止まりさせるために重要なのだ。

スキルパーツにわけて実践
 BIGPRは基本的に、それぞれの要素を1フレーズずつ、計5つのフレーズで語ることがよい。ビデオ自撮りしながら、次に実施する予定の対話や会議でのBIGPRを実施してみて、それが30秒を超過してしまうようだったら、BIGPRのBとI、GとPをひとつのフレーズでつなげて話すということを試してみるのがお勧めだ。

 本連載で紹介しているスキルは、これまでの演習参加者が発揮してくれたスキルのうち、相手を巻き込むことに効果があったスキルパーツ分解し、コアスキルレベルにして、それらのコアスキルを連続させたり、組み合わせたりして、スキルを現実に発揮しやすいように構成したものだ。

 スキルパーツ分解するとスキルを身につけやすいし、状況に応じて単体で繰り出したり、連続させたり、一体のものとして発揮しやすくなるので、効果をもたらしやすいのだ。

◆それぞれの要素を繋げて簡潔に話す
 質問:簡潔にBIGPRを伝えるコツはなんですか?

 会話の冒頭で、BIGPRを簡潔に伝えることの重要性はわかりましたが、実施してみるとBIGPR自体の話が長くなってしまいます。その場合、BIGPRをしている間に、相手の集中度や関心度が低下していくように思えてなりません。簡潔に伝えるコツはありますか?

 回答:BとI、GとPを一文で伝える

 BIGPRのB(背景)とI(自己紹介)、G(目的)とP(所要時間)を続けて話すようにすると簡潔になります。たとえば……

「先日お伺いした(背景)、山口博です(自己紹介)」
「本日は、先日のミーティングで出た質問に回答したく(目的)、30分お時間をいただけますでしょうか(所要時間)」

 というように、伝えます。

「○○の背景でミーティングを持った(背景)、△△です(自己紹介)」
「□□のために(目的)、◇◇分お時間をいただけますでしょうか(所要時間)」

 といったフレーズを覚えておくとよいでしょう。

 時間の経過とともに、相手の集中度や関心度は低下してしまうのが普通です。だとすれば、最初の段階で相手の集中度や関心度を高くしておいて面談をスタートすることが得策です。

 そのためには、BIGPRを30秒程度の短い時間で簡潔に行うことが必要です。BIGPR自体が長くなればなるほど、その間に相手の集中度や関心度は低下してしまうからです。

【山口博[連載コラム・分解スキル・反復演習が人生を変える]第144回】

【山口博】
やまぐちひろし
グロバルトレーニントレーナー。モチベーションファクター株式会社代表取締役。国内外企業の人材開発・人事部長歴任後、PwC/KPMGコンサルティング各ディレクターを経て、現職。近著に『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社2016年3月)、『クライアントを惹き付けるモチベーションファクター・トレーニング』(きんざい、2017年8月)がある

photo via Pexels