百舌鳥・古市古墳群世界遺産に登録されたことを記念して、日本一高いビル「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」と、天王寺公園エントランスエリア「てんしば」にて、7月13日(土)~15日(月・祝)の3日間、『ハルカス300(展望台)・てんしば 天空古墳さんぽ~見て、着て、味わう古墳の世界~』を実施する。

展望台「ハルカス300」からは百舌鳥・古市古墳群のほぼすべてが一望できることから、今回の登録活動にあたって館内で啓発ポスターの掲出のほか、選定委員による現地視察時の協力、「ハルカス大学」(あべのハルカスに拠点を構える南大阪の6大学と連携して行なう産学連携プロジェクト)の春のイベントで、古墳に関するセミナーを開催してきた。
そして今回、世界文化遺産登録が決定したことを受け、南大阪の玄関口となるアベノ・天王寺でも、古墳に親しんでもらう記念イベント大阪府後援のもと実施する。

ハルカス300」から古墳群を眺めるのはもちろんのこと、解説パネルの設置、阪南大学来村教授による解説ガイド、古墳関連のキャラクターの登場や、古代衣装の体験、古墳をかたどったメニューの販売、「てんしば」では同じく衣装体験のほか、古墳グッズの販売など、見る、着る、味わうなど、様々な方法で古墳の世界を楽しむ企画を用意している。