俳優ヨ・ジングと歌手で女優のIUが共演することで注目を集めているドラマホテル デルーナ(原題)」の制作発表会見が8日、ソウルで行われた。

可愛いルックスとは違って偏屈で気まぐれな性格の女性社長チャン・マンウォル(IU)が営む幽霊専用ホテル《デルーナ》に、エリートで自己管理徹底なホテリアーのク・チャンソン(ヨ・ジング)が支配人として働くことになり、特別なお客さん(?)たちを迎えながら彼らの宿泊記を描くストーリー

会見でIUは、ヨ・ジングとの共演について「彼のキャスティングが決まったと聞いたとき、本当に力強くてうれしかったです。チャンソンというキャラクターにすごくぴったりだと思ったし、初めての本読みのときは、本当のチャンソンのように準備をしっかりしていたので、私もそれくらいしなきゃって、ジングさんにプレッシャーをかけたらいけないから、一生懸命頑張らなきゃって思うくらい緊張感を与えてくれました」と感想を言いつつ、「現場では監督が彼のことをボクトンイ(福のかたまり)と言っていますが、私も同感です。撮影現場でジングさんが与えてくれるエネルギーはすごくて、おかげで力がわいてきますし呼吸もよく合っていると思います」と絶賛した。

これを受けてヨ・ジングは照れ笑いをみせつつ、「僕は『王になった男』をしながらこのドラマを準備することになりましたので、至らない部分があるかもしれないと思い、もっと一生懸命準備に励みました。ジウンさんは、僕が思った以上にマンウォルのキャラクターに没頭されていて、僕との呼吸は心配しませんでしたし、ここに先輩の方々もいらっしゃいますが、『ホテル デルーナ』は幽霊を相手にするホテルの話だけに、マンウォルとチャンソンの相性も大切だけど、登場する幽霊やホテルスタッフらまで、皆のチームワークが大切な作品だと考えていましが、一緒に撮影していると、その方々の作品に対する思いを感じられました。すごく感謝していますし、最後まで皆のチームワークはもっともっとよくなると思います」と共演者たちに対する感謝の気持ちを表した。

ヒットドラマ「美男ですね」(09)、「主君の太陽」(13)、「花遊記」(17)の脚本を書いたホン姉妹と、「ドクターズ~恋する気持ち」(16)、「あなたが眠っている間に」(17)のオ・チュンファン監督がタッグを組んだことでも期待を集めている「ホテル デルーナ」は、7月13日(土)、韓国のケーブルtvNチャンネルにてスタート。※毎週土日放送・全16話作

THE FACT JAPAN

韓国ドラマ「ホテル デルーナ」の制作発表会見が8日、ソウルで行われた。写真は男女主演役のヨ・ジングとIU。|撮影:イム・セジュン