7月7日フランス・パリで開催された第20回「Japan Expo」にて、「東京喰種 トーキョーグール【S】」のプレミア試写会が行われ、窪田正孝松田翔太山本舞香、永江智大プロデューサーが登場。ファンたちとのQ&Aセッションと舞台挨拶を実施した。

【写真を見る】これぞ世界レベルの“映え” エッフェル塔をバックに窪田正孝ら3人がビシッと決める

世界のファンからも熱い注目を浴びている本作。ステージキャスト陣が登壇し、窪田と松田が「ボンジュール!」と挨拶すると、フランスファンからは大歓声が。

ファンたちとのQ&Aセッションで本作の魅力を問われ、窪田は「皆さんは普段肉や野菜を食べますが、喰種は人しか喰べられません。喰べられる対象が自分に向けられたときに、人は狂気を感じます。一方で、それが本作の魅力でもあると思います」と“半喰種”のカネキ役らしくコメント

コミックスファンも多いJapan Expoで実施されたイベントらしく、「原作で好きなキャラクターは?」という質問には、窪田は映画には登場していない鈴屋什造(すずやじゅうぞう)、松田はカネキ、山本は自身が演じたトーカを挙げた。

また、松田が「今回の映画では、月山が初めてカネキ君に会ってからカネキ君を喰べたいと思うまでを演じたので、もう彼以外には考えられないですね」と続けると、“月山らしさ”あふれる回答に会場も大きな盛り上がりを見せた。

それぞれ喰種という特殊な役を演じた3人に対し、ファンも役作りに興味津々の様子。過去のどんな経験を参考にしたかという質問について、山本は「空手を9年間やっていたので、アクションに生かせたと思います」と自信たっぷり。

松田は「人を喰べたいと思う役は初めてだったので、参考になりませんでした(笑)」とおどけ、窪田は「今までずっと不幸な役しかやってこなかったので…(笑)」と答え、会場が爆笑に包まれた。

さらに観客からは、タイトル東京喰種 トーキョーグール【S】」の【S】の意味に関する質問も。

これに対しては窪田が、観客に自由に想像してもらうため、【S】の意味はあえて限定していないと答えるも「たとえばスペシャルセカンドスーパー…でも、トータルすると翔太さんの【S】!」とコメント

「(松田が演じた)月山の『トレビアン』も、名ゼリフですよね!」とファンにはおなじみのセリフについても語ると、会場からは大きな拍手が起こった。

■ 舞台挨拶にも登壇!

続いて行われた映画上映前の舞台挨拶では、これからフランスで初めて上映される機会とあって、会場の盛り上がりはキャスト登壇前から最高潮に。満員の観客に悲鳴にも似た歓声でステージに迎えられると、キャスト陣も自然と笑顔に。

これから映画を見るファンに向け、注目してほしいポイントを問われると「ラスト20分の迫力のバトルシーンと、人間と喰種のドラマもぜひ見てください!」と山本が見どころをアピール

そして窪田はずばり「松田翔太!」力強くコメントし、対する松田も「この映画は実は月山とカネキの恋愛映画だと思っているので、そこも楽しみにしてください」と答え、会場からは黄色い歓声が飛び交った。(ザテレビジョン

フランス・パリで熱いトークを繰り広げた一同