iStock-922107232_e

AndreyPopov/iStock

 本当に助けが必要な時に、見知らぬ人から救いの手を差し伸べられられたり、思いがけない親切な行為を受けたり、心が救われる言葉をかけてもらったりすると、人間まだまだ捨てたもんじゃないと思わせてくれる。

 私も飼い猫けもが失踪した時に、多くの人に助けられ、5日後に発見・救出できたときには感謝の気持ちでいっぱいになった。そして私にできることであれば、誰かの助けになりたいと強く思った。

 日本には恩送りという言葉がある。これは、誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ることを意味する。英語では、ランダムアクトオブカインドネスRandom Act of Kindness)と呼ばれている。

 今年3月、ツイッターユーザーニコルクリフさんがツイートしたシンプルな一言「見知らぬ人からどんな親切を受けたことある?」が、大きな反響を呼び、多くのユーザーらが自身の経験をシェアした。

―あわせて読みたい―

人間まだまだ捨てたもんじゃない。いたるところに広がるやさしい世界
世の中まだ捨てたもんじゃない。無償の愛が広がる世界。困っている人に手を差し伸べた人々。
まだまだ世の中捨てたもんじゃない。2016年、暗いニュースの影でこんなにも広がっていたやさしい世界
究極の恩送り。路上清掃で稼いだお金の大半を30年にわたり子どもたちの教育の為に寄付しつづける男性(中国)
人間捨てたもんじゃない。小さな灯はいたるところに。心が温まる10の話

 それはツイッターユーザーの@Nicole_Cliffeさんのこの一言から始まった

見知らぬ人からどんな親切を受けたことある?

 スレッドには、ツイッターユーザーの親切を受けた体験が次々と集まった。

見知らぬ男性が車の修理をオファー


1_e
audioundwerbung/iStock

 @CJPendragonさんという女性は、家族でレストランを出たところで見知らぬ男性に親切にされた出来事をシェアした。

 その男性は、@CJPendragonさんたちの車に近付くと、カーシートブレーキが見て明らかに酷い状態であることを指摘してきたという。

 実はその男性は自動車修理工場で働いていた。チャイルドシートを乗せた@CJPendragonさんの車を見て、子供がいると思ったのだろう。

 そして、ブレーキの状態が酷いことにプロの目で気付いた時、車の持ち主に声をかけなければと思ったようだ。

 男性は、@CJPendragonさんに「子供の安全のためだから」と、なんと無料でブレーキ交換をオファーしてくれたのだ。

どのぐらい、私たちがレストランから出てくるまで待っていてくれたのかわからないけど、その男性は修理代が高くつくことを知っていたから、無料で修理をしてくれたの。

当時、子供たちはまだ3歳にもなってなくて、本当は外食なんてできる余裕なんてないほど、私たち夫婦は経済的に苦しかった。

だけど、彼のおかげで何百ドルというお金が節約できただけでなく、ひょっとしたら私たちの命も救ってくれたのかもしれないと思ったら、涙が止まらなかったわ

カメラ店で店員が新しいカメラをプレゼント


2_e

 また、@Shelby Hintzeさんは、自身が中学生時代に経験した出来事をシェア

 デジタルカメラが壊れてしまって、ショッピングモール内にあるSonyストアに行くも、店員からは修理は無理と言われてしまった。失望で肩を落として店を出たところへ、店員のひとりが追いかけてきたという。

彼は、リファビッシュ品カメラ(初期不良で返品されたた後、メーカーで修理・調整し新品同様にしたもの)を私にくれたの!それからは、お金に余裕がある限りSonyの製品を購入するって決めたわ。

ホームレスの人たちが小銭を集めて差し出してくれた


3_e
iStock

 また軍経験者の女性@Renee_L_Reifさんは、1987年の当時18歳だった時の出来事を語った。

軍の仕事でドイツフランクフルトに立ち往生した時のこと。当時はアメリカカードが他の国で使えなくて、お金が引き出せず困っていたら、駅の外にいた数人のホームレスの人たちが、小銭をかき集めて差し出してくれたの。そのおかげで、私はチームに助けを呼ぶ電話をかけることができたの。

飛行機で赤ちゃんが嘔吐。服を貸してくれた客室乗務員


4_e
Demkat/iStock

 多くのユーザーらのシェアを受けて、ニコル@Nicole_Cliffe)さん自身も過去に起こった素敵な出来事をツイートした。

 当時、ニコルさんは赤ちゃんを連れて飛行機に搭乗しようとしたところ、赤ちゃんが機内で嘔吐し、座席周辺が汚れてしまった。

 航空会社スタッフは座席やシートベルトを交換する作業を行わなければならず、そのために飛行機の離陸時間が遅れてしまった。

 具合の良くない子供を抱えて、汚れた服のまま立ち尽くしていたニコルさんに、あからさまに嫌悪の視線を投げつけてくる乗客もいたという。しかし、1人の客室乗務員が自分の衣類をニコルさんに貸してくれた。

 この時、ニコルさんは「彼女はきっと天国に行ける人!」と思ったそうだ。

どんな小さなやさしさでも、大きな救いになることがある

 誰かにとってはほんの些細な行為であっても、受けた人には大きな救いになることがある。また、思いがけないやさしさを受けると、自分もやさしくあろうと思うものだ。やさしさだって連鎖するのだ。

 今我々が存在しているのも、実はいろんな人々の恩恵を受けているからこそだが、それが日常になってくると、当たり前すぎて鈍感になってしまっているのかもしれない。

 人は人に助けられて生きていると改めて自覚することがあったら、誰かに恩送りをしてみよう。些細なことでかまわに。そのちょっとした親切、気遣いは伝播していき、世界はやさしくなれるのだから。

References:Twitterなど / written by Scarlet / edited by parumo
追記:(2019/7/9)本文を一部訂正して再送します。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52276682.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

一番魅力的に見える道はどれ?3つの道の写真から選んだもので「人生の道筋」が見えてくる心理テスト【占い】
店の商品であるアイスクリームを舐めて、再び棚に戻したカップル。最高で20年の懲役が科せられる可能性(アメリカ)
恋愛において、あなたの心を支配しているものは何か?6つのサークルの中から選ぶ恋愛診断テスト(占い)
バッグから素早く財布を抜き取る美人女性3人のスリ集団。その巧みな手口が観光客のカメラに捉えられる(イギリス)
ヒーローは完全なる善人であり正義の味方であってほしいという人間心理(米研究)

―知るの紹介記事―

世の中まだ捨てたもんじゃない。「見知らぬ他人からどんな親切を受けたことある?」のツイートにレスポンスの嵐
老眼鏡のニューカマー。視線を追跡し、自動的にピントを合わせてくれるスマートグラスが開発される(米研究)
ヒトの脳を持つサルをつかった研究はどこまで許されるのか?
一番魅力的に見える道はどれ?3つの道の写真から選んだもので「人生の道筋」が見えてくる心理テスト【占い】
だがちょっと待ってほしい。植物に意識があるという風潮に論文で反論する研究者(米研究)
世の中まだ捨てたもんじゃない。「見知らぬ他人からどんな親切を受けたことある?」のツイートにレスポンスの嵐