レアルソシエダにレンタル移籍したノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)がその経緯を明かした。スペインマルカ』が伝えている。

弱冠15歳ノルウェー代表デビューの“神童”として、いち躍脚光を浴び、2015年レアル・マドリー入りしたウーデゴール。そのレアル・マドリーで才能を示すチャンスを掴めず、レンタル生活が続いているが、レンタル生活3年目の昨シーズンはフィテッセで公式戦39試合11ゴール12アシストの成績を収め、複数クラブの関心が囁かれるなか、5日にソシエダでのさらなる武者修行が決まった。新たな活躍先として同クラブを選択した理由をクラブ公式サイトで次のように説明している。

「ほかにも選択肢があったのは事実だ。だけど、ソシエダは若手選手を信頼してくれるクラブだから、僕にとってパーフェクトだったんだ」

「僕の決断をレアル・マドリーも後押ししてくれた。そういうわけで、僕自身のキャリアのためにここで2年間プレーする計画を立てたのさ」

サムネイル画像